つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

コンニャク作り

 大分前から手造りコンニャク作りをしています。(最初に始めたのは奥さんです)
10年前からは”コンニャク芋”の栽培も始めました。(数年前からは私も作っています)
コンニャク芋を買ってきて(又は貰って)作っていた時には、年2~3回作るだけでしたが、栽培を始めてからは少なくても年10数回は作るようになりました。

 自分でコンニャクを作る様になって、不思議に感じていたことがあります。
 栽培したコンニャク芋の中には非常に大きなもの(3~5kg)があり、一度では使い切れないので4~6回に切り分けて使っています。
ですから一つのコンニャク芋を使い切るまでに、1カ月以上かかる事もザラです。
最初はそんな大きな芋は、洗ってそのまま4等分や6等分にして残りを皮付きのまま冷蔵庫に保存していました。
使う時には綺麗に皮を剥いて使いました。
昨年からは等分に分けた芋は皮を全て剥いて1回に使う分毎にラップに何重にも厳重に包んで保存しています。
次回そのまま直ぐに使えるという”効率化”が目的です。
従って保存した芋は表面が赤茶色く変色してしまいますが、無視してそのまま使います。(これを”ズクなし”と言います)

 皮付きで保存していた時には気が付かなかったのですが、皮を剥いたものを使い出してから気が付きました。
保存期間が長くなるのに比例して完成したコンニャクの色が黒くなる事と、こちらが重要なのですが、保存期間が長くなればなるほど美味しくなっているのです。(加工も粘りが出やすく作り易くなります)
こういったものは普通に考えると、新鮮な芋から作った最初の方が美味しいと考えますが、それが逆なのです。

 ですから実際人にあげるようと、新しい芋を切って作った時には不出来な事があり少々不安でした。(皆さん「美味しかったよ」とは言ってはくれますが)
そんな訳で最近は人にあげる時も、冷蔵保存してあった古い芋を使うようにしています。

 そこで今回はより積極的に効率化の為、保存方法の影響を検証する試験をすることにしました。
4kgの芋を5等分して2種類に分けて保存しておきます。

 ①  切り分けた芋の皮を剥き、ラップに包んで冷蔵庫に保管する。(この形状は冷蔵庫内のスペース効率が悪い)
 ②  切り分けた1回分を摺り下ろして、ビニール袋に入れて冷蔵庫に保管する。(冷蔵庫スペースも改善できます)


コンニャク芋
<今回使った4年生コンニャク芋: 4kg>



a-芋分割
<全て綺麗に皮むきします>


摺り下ろした芋
<摺り下ろしたもの>


これらをそれぞれ分けてビニール袋に入れて冷蔵保存して置いてから、コンニャクに加工して比較してみたいと思います。
 

2016,12,23
関連記事

Comment

非公開コメント