つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

LED照明

 2階の仕事部屋を”LED照明”にしました。

 この部屋の元々の照明は蛍光灯でした。
我が家では2~3年前から蛍光灯からLED電球に交換してきました。
交換は積極的に行っているのではなく、蛍光灯が具合が悪くなったり、電球の交換が必要となった処から置換えてきました。
ですからまだ我が家の半分以上は蛍光灯のままです。

LED照明 (1)
<自作のLED照明>


 今回は蛍光灯のランプ交換が必要となっていた2部屋の置き換えを行いました。
60W電球相当のLED電球です。
ところがLED電球は点灯が早く、明るくて良いのですが、光の拡散範囲が狭く、意外に明るく感じません。
また直接光が目に入ると結構眩しくて、具合が良く有りません。

 そこで、LED電球が直接目に入らないようにフードを付け、間接照明化しました。
フードと言っても非常に簡単な、”A4のコピー用紙”をテープで止めただけです。

LED照明 (2) <間接照明フード: 昼光色>


LED照明 (3) <間接照明フード: 電球色>

 白熱電球では電球の発熱が大きいので紙のフードは危険で使用できませんが、LED電球は明るいのですが、発熱が少ないので、紙を巻いても発火の危険性はない(?)のでこのような事が出来ます。

 スポットライトの様なので電燈の真下に入ると相変わらず眩しいのですが、少し離れるとこのフードのお蔭で眩しさを感じません。
又フードを通った光は柔らかくなって、部屋全体がかなり良い雰囲気になったと思います。


2016.12.19
関連記事

Comment

非公開コメント