つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

マイナンバーカード申請

 ここで”マイナンバーカード”の申請を行いました。
市の広報で発行までにかなりの期間が掛かると書いてあったので大慌てで申請してきました。


 例年通りe-taxによる確定申告を行う必要があるのですが、ここで”住基カード”の有効期限が切れるので、どうしても”マイナンバーカード”が必要となりました。

 マイナンバーカード申請では、これまでもシステムトラブルが多発しているとの報道が多く躊躇していいました。
しかし先日の市の広報では発行までに1~2カ月掛かると書いてあり、確定申告シーズンに入って申請が集中して又システムトラブル発生などの不測の事態でe-taxの申請が出来なくなるのも癪なので早めに申請だけでもしておくことにしました。
同時に奥さんも今年からe-taxを使う事にしましたので、同時申請です。


 このマイナンバーカードの申請にはいくつもの方法がありますが、ここで2人分の申請を行うので、この絶好の機会にわざわざ別々の方法で比較を試みました。

  ①オンライン申請(PCでのNET申請)・・・写真は画像ファイルでOK
  ②市役所窓口で申請 ・・・ プリントした規定サイズの写真が必要

①は奥さんの分、②は自分の分としました。
家でオンライン申請してから、市役所窓口にすっ跳んで行って申請をして来ました。
時間にして約30分の差です。
公平を期す為、同時に行いたかったのですが、一人で行ったのでどうしても時間差が出来てしまいましたが、この程度の差は許容範囲でしょう。



 ところで”オンライン申請”ではトラブルがありました。
メールアドレス登録すると、直ぐに登録したアドレスに次のステップの入力サイトのURLが届きました。
ところがこの申請には”認証番号”入力の必要があるのですが、それがこの通知にはありません。
しかもその番号は暫くしてから別メールで届きました・・・それも3分間隔で3通も、しかも別々の番号で ??


マイナンバーカード申請2
<登録メールアドレスに届いた”通知メール”>


 その番号を古い順に入力していきましたが、全て拒否され、3回目でシャットアウトされてしまい、再登録を要求されてしまいました。
そこで仕方ないので最初のアドレスの登録画面から再入力しました。
それで再度来たメールのURLをクリックしたところ、今度は認証番号を入力してないのに入力画面が開きました。
以降は問題なく申請は出来ました。
このシステムは一体どうなっているのでしょうか・・・???



 さて市役所の窓口でもトラブルです。
申請そのものは問題なく出来ました。
しかし窓口で申請後のカード受け取り方法として次の2方法があるとの説明がありました。

 ①自宅に交付通知が届く →”通知”と”住基カード”を持って市の窓口に行く → マイナンバーカード発行 (これは昔の方法だと言っていました)
 ②申請時に”住基カード”を窓口に提出 → マイナンバーカードが自宅に簡易書留で郵送 

 ①がマイナンバー通知が来た時、同封の説明書記載の手続き方法で、②は書いてありません。
①は市役所の窓口に2回行く必要がありますが、②だと1度窓口に行くだけで発行されます。
②は①に比べて合理的ですから本来あるべき姿で大歓迎です。
ところが②の方法は市の広報にも書いてありませんでした。(・・・私の認識不足?)
私は今回”住基カード”を持って行かなかったので結局①の方法となりました。
これは周知徹底出来ていません、立派な『お役所仕事』です。



 この結果からはどちらの申請方法も推奨できません。
判定は交付日程まで持ち越しです・・・交付までの期間が短い方に軍配を上げたいと思います。

 果たしてどちらが先に”交付通知書”が届くでしょうか?
乞うご期待です!!

 この結果は後日報告します。

2016.12.03
関連記事

Comment

非公開コメント