つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

干柿

 今年も”柿簾(すだれ)”が出来ました。

 今年も我が家の柿の木から200個強の柿を収穫しました。
春先に伸び過ぎた主幹を切ったり結構大掛かりに剪定作業を行ったので、今年の収穫は期待薄かと思っていましたが、昨年と同じ程度の量の収穫が出来ました。
更に剪定で日当たりが良くなったお蔭か、全体的に昨年より大粒な実です。


柿すだれ2016 (1)
<柿簾>


 夜柿の皮剥きしていたら、昨年柿を頂いた親戚から電話がありました。
「自分で食べる分の柿は収穫して干したが、まだ沢山残っていて勿体無いので採りに来て欲しい。」
との事でした。
高齢で柿取も大変になったようです。
という事で今度の祭日にでも行って自分で採ってきたいと思います。

 これで又々ご近所から「あんなに沢山干柿作って、全部食べるの?」と心配されそうです。(大きなお世話ですが・・・確かにまだ昨年の干柿が冷凍庫に残っています)



柿すだれ2016 (2)

<(左の小さい物)産直で購入の”市田柿”、(中)我が家の”平核無(ひらたねなし)”、(右)巨大なナタマメもまだ残ています>


2016,10,31
関連記事

Comment

非公開コメント