つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

落花生収穫

 今年初めて栽培した”落花生”を収穫しました。

 先日の初霜(大霜)で落花生の葉も大分黄色くなっていました。
しかし先日はヤーコン茶製造を行うのに大慌てだった為、落花生までは手が回りませんでした。
どちらかと言うとこちらの方が非常に気になっていたので、改めて収穫してきました。


 落花生の栽培は今回が初めてなのでまったく様子がわかりませんでした。
開花後名前の通り、花が土の中に入り込んで豆が出来るという事を初めて見て感動しました。
しかしなんせその後は土の中の事で状態が全くわかりません。
葉を持ち上げると土の中の鞘(豆)も一緒に持ち上がってきて成長が止まってしまうとのことなので、見たい気持ちを必死に抑えて止めておきました。


落花生収穫 (1)
<落花生の株 >


 葉っぱが黄色く枯れてきた株を3株だけ試し掘りしました。
本当に実が付いているかどうかを一番心配していましたが、無事にしかも思いの外大きな鞘が沢山出来ていました。


落花生収穫 (2)
<落花生初収穫です>


 昨日の雨で土か湿って重くなっていました。
落花生は収穫の時、鞘が地中に残る事があるということなので、収穫後フルイで土を篩ってみた所、かなりの量の落花生が出てきました。
このフルイ作業は重くて中々大変ですが必須です。
今回は試し掘りなので3株だけでしたが、川で泥を洗い流してみると、まずまずの出来の様です。


落花生収穫 (3)
<本日の成果>


 早速『茹でピー』にしました。
”茹でピー”を食べるのが目的で落花生栽培を始めた様なものです。
これまで産直で購入した”生落花生”でつくった”茹でピー”も非常に美味しかったのですが、自分で栽培した落花生の味は又格別でした。
枝豆でも同じ経験をしますが、収穫直後に茹でた豆は、市販品とは比べようがない美味しさです。
今回の”茹でピー”も収穫2時間後には胃袋に納まりました。
産直品でも収穫後1~2日は経っているはずですからその差は歴然です。
この美味しさを味わえるのは正に栽培した人間の特権ですね。


 新しい作物が無事に収穫でき、しかもそれが美味しいとなると本当に農業をやっていて良かったと思う瞬間です。
今年は”かぼちゃ”と”サツマイモ”と”落花生”がそれです。
どれも猿被害を心配していましたが、電柵のお蔭で無事に収穫まで漕ぎ着ける事が出来ました。
特に落花生は全くの未経験で収穫出来るかどうか半信半疑での栽培でしたが、ほとんど手を掛けずに収穫出来る作物であることが分かりました。
又自家採種の種で栽培が可能との事なので、来年は大増産したいと思います。


 夜は”茹でピー”をツマミに、”自ビール”。
御飯は”落花生入り炊き込み御飯”でした。(これが又美味しかった!!)


2016.10.29
関連記事

Comment

非公開コメント