つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

冬到来

 今朝の我が家の温度計の最低気温は”1.8℃”となっていました。

 庭にはまだ霜が降った形跡はありませんでした。
しかし畑の方が気になって行ってきました。


 畑に到着したのが10時を過ぎていたので霜はありませんでしたが、草や野菜の葉は確り濡れていました。
気になっていたヤーコンですが葉はすっかり黒くなっていました。
又ヤーコンの隣にあった”コンニャク”の畝では、コンニャクが全て地面に倒れ伏していました。
予想通り霜が降りたようです、両方とも一発でやられた処を見るとそれも大霜だったようです。


初霜で黒化したヤーコン
<ヤーコン: 初霜で真っ黒く変色>


 今年は天候の影響でヤーコンの生育が悪く、ようやくヤーコン茶の製造に着手したばかりで、これまで2回しか収穫、製造をしていません。
昨年は”ヤーコン茶”は作らず、これまでは前年の残り分を消費していました。
今年はそれも無くなりそうなので、確り作る予定でしたが、残念ながらこれで終了となってしまいました。


 それでも下の方にはわずかに霜に当たらず緑の葉が無事に残っているものがあったので、それだけを収穫して最後のヤーコン茶作りをしました。
茎の方は何の変色も無いので”茎茶”も製造しました。
しかし見た目には変化が無くても、品質の方の保証は無いので、今回の製造分は確り分けて管理したいと思います。


2016.10.25 
関連記事

Comment

非公開コメント