つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

榛名山登山のはずが

 本日は山岳会の月例登山で群馬県の『榛名山(掃部ケ岳)』の予定でした。

 しかし10日前の週間天気予報からこの日だけ雨となっていましたが、予報通りの雨となりました。
昨日は快晴、明日も晴天の予報です。
午後からは日差しもありましたが、気圧配置が半日ずれれば、問題なかったのですが、残念ながら予報通りの結果です。
これで今年の山岳会の定例山行は8月、9月、10月と3ヶ月連続で山行日が雨となってしまいました。
最近ではこれほど雨に祟られた年はありませんでした。

 という事で、今回は『榛名神社』参拝を行い、”厄落とし”することになりました。
その後は、近くの日帰り温泉施設で、入浴兼大宴会をして帰ってきました。


榛名山 (1)
<榛名神社参道>

榛名山 (2)
<榛名神社本宮>

 この”榛名神社”は事前の情報が全くありませんでしたが、参道の”杉の木”も非常に立派で、尚且つ神社の彫刻の素晴らしさに圧倒されました。
帰宅後この彫刻の流派についてNET検索しましたが、流派の記述は見つかりませんでした。
しかし神社とは言いながら、江戸時代の神仏混合を色濃く残す見事な作りでした。




榛名山 (3)
<榛名湖に続く登山道脇の石の塔>


榛名山 (4)
<榛名湖畔の”湖畔の宿歌碑”で合唱>



それから、折角群馬県まで遠征したので本場の”玉コンニャク”を買ってきました。
最近は群馬産の玉コンニャクも近くのスーパーで手に入るのですが、”ピリ辛味の玉コンニャク”は売っていないので、合わせて購入してきました。
この玉コンニャクは半球形の型2個で上下から押し付けて作っているようで、型の分割部に筋がありました。
今後の玉コンニャクの自作で参考になります。


玉こんにゃく
<玉コンニャク2種類購入>



2016.10.17
関連記事

Comment

非公開コメント