つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

最近苦労した修理(その2・ディスクグラインダー)

 最近で一番苦労した工作機械の電気の修理です。

 自分で”習い加工”が出来る様に改造を行って、レンガやブロック、鉄板などの切断専用に使っているディスクグラインダーがあります。
これを最近使っていた時、突然動かなくなってしまいました。
動かなくなった直後、電線をゆすったり、スイッチのON-OFFを繰り返したり、カーボンブラシをいじくったり色々やってみましたが、微動だにしませんでした。

 そこで本体を分解してみました。
これまでレンガやコンクリート、鉄板等重切断作業専門で使ってきたので、内部は確り粉塵が詰まっていました。
分解掃除後電気系統を一通り確認しましたが、特に不良個所は無く、分解したままの状態で通電すると動きました。


プラグ内断線 (1)
<分解: これまでも電源コードは修理している様です>
 

 そこでそれを組み立てた所問題なく動いて、暫く作業が出来ました。
多分粉塵の影響でスイッチの接点不良があったのだろうと考えていました。

 ところが後日また動かなくなりました。
今度は分解しても全く動きません。
今回も前と同じく機械内部には特に不具合がありません。
しかし今度は電源ラインの入力がありません・・・どこかで断線している。

 これはこれまでも工作機械で発生していた電源コードの内部断線しか考えられないので、テスターを繋いでコードを折り曲げたり引っ張ったり押したり徹底的にやりましたが分かりません。

 そこで色々格闘した結果、最後に検査出来ずに残っていた”電源プラグのモールド内部”が一番怪しいという結論になりました。

プラグ内断線 (2)
<電源プラグ内断線: 線が簡単に抜けました>


プラグ内断線 (3)
<プラグ内部構造: 差し込み式でハンダ付け無し>


 電源プラグの根元でコードを切断して、電線の被覆を10mmづつ抜きながら確認作業を行った結果、写真の状態まで被覆を剥いだところで電線がスッポリ抜けました。
抜けた電線は先端がスパークで焦げたような焼き色があります。
プラグの差し込み金具と電線の接続部に何か異常があった様です。

 プラグは樹脂で一体成型されているので、ベルトサンダーで樹脂を削って内部確認しました。
その結果端子と電線は差し込み式となっていて、ハンダ付けはされていません。(カシメ併用だと思われます)
コードが強い力で引っ張られると線が端子から抜けてしまう事はありそうです。(コンセントから抜く時はプラグを持って抜く必要があります・・・基本ではありますが?)

 今回不良解析に2日間掛かりました。
多分非常に希な不良原因ではないかと思います。


 この修理は廃家電から剥ぎ取った電源コードをハンダ付けで接続して終了。(ただ同じような構造のプラグです)
以降問題なく使用できるようになりました。
このディスクグラインダーは石窯を作った時に耐火レンガの切断用として購入し、それだけで壊れてもいいくらいの感覚で買った超安物でしたが、以降も壊れる事無く重宝に使い続けています。
完全に元は取った機械ですが、安物とは思えないほど頑丈に出来ていて気に入っていました。


 さてこれで私が持っている工作機械はどれも電源関係の修理を一通りしたような気がします。
使わない時にコードを巻き取っておく工作機械はどれも(日本製、外国製問わず)電源コードの故障が一番多い気がします。
この手の機械を使う為には、電気コード修理技術(ハンダ付けも)の習得が必須です。

2016.11.15
関連記事

Comment

No title

物は忘れましたがやはりプラグ内で断線していたことがありました。
よく金具と電線を溶接したものを見かけますが、展示会で摩擦溶接しているのを見ました。こんなところに摩擦溶接!
溶接を剥がすのに苦労するので信頼性は高そうです。
非公開コメント