つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ヤーコン茶

 今年も”ヤーコン茶製造”を始めました。

 ヤーコンの栽培を始めてから10年あまりになります。
昨年は作り過ぎて収穫した収穫した芋の1/3程を腐らせてしまいました。
そこで今年の作付は昨年の半分程度にしました。
 今年はヤーコン栽培にとってはあまり適した陽気でなったようで、夏場までは成長が遅れていました。
ここで気温が下がって来てからようやく成長してきて、今やっと私の背丈位になりました。
毎年3m近く丈があるものも出来るのですが、今年は大きなものでも2m弱です。


ヤーコン茶 (1)
<今年のヤーコンの出来は?>


 ”ヤーコン芋”の人気はあまりないのですが、ヤーコン茶は相変わらず作っています。
昨年作った”ヤーコン茎茶”が苦みが無く飲み易かったので、今年もこの茎茶中心に加工を始めました。

ヤーコン茶 (3)
<ヤーコン茎茶作り: 今年も”押し切り”で輪切り>


ヤーコン茶 (2)
<”モロブタ”で天日乾燥: (左)今年は葉も細断しました、(右)茎茶>


 天日乾燥ですが、今年は晴天の日が少なく苦労していましたが、ここでようやく晴天の日が多くて助かっています。
ある程度天日乾燥出来たら、最後に乾燥機(布団乾燥機)で仕上げます。


 もう10年近くヤーコン茶を飲んでいますが、正直効果はよく分かりません。
”無い”と言ってもいいかも?? ・・・副作用が無い、お茶を買う必要が無いのは経済性では確実な成果を出しています。
欲しいと言う知人には差上げていますが、味も苦くて飲み易いとは言えないので一般の人にはお勧めしません。


関連記事

Comment

非公開コメント