つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

地獄谷野猿公苑

 今日は所属する山岳会の月度定例山行で、志賀高原(山ノ内町)の『東館山』に登る予定でした。

 秋雨前線の影響で先週から雨の日が多く晴れる日がほとんど無い為天気に不安はあったのですが、予定通り決行することになりました。
朝起きると雨、それも結構の土砂降りでしたが、天気図からは前線南下でそれほど降られないのではとの期待がありましたが、結局雨降りで残念ながら登山は出来ませんでした。
そこで雨で登れない場合の代替案として、近くの観光地巡りと日帰り温泉を考えてありましたので、この代案となりました。


 その観光地は『地獄谷野猿公苑』です。
ここは”スノーモンキー”といった方が有名かと思います。
日本人で知らない人は居ないと思いますが、それ以上に現在は海外からの旅行客に絶大の人気の場所です。
外国人の日本の人気観光地の五指に入ると聞いています。

野猿公苑 (1)
<野猿公苑への迂回路>

 さて私も良く聞いてはいましたが、行くのは今回が初めてです。(初雪のニュースで温泉に入る猿は長野県の定番です)
事前の確認で駐車場から山道を30分程歩くと書いてありました。
それでも山道といっても観光地ですから、綺麗に整備された道路と考えていましたが、これが大間違い。
雨でドロドロの山道でした。
おまけに現在本来の道が工事で通行止めの為もっと酷い迂回路を10分ほど余計に歩かされました。

 ここは最近外国人観光客が八割以上と聞いていましたが、やはり我々以外は大型バス2台のドイツ人のツアー客でした。(約40人位)
ヨーロッパには猿は居ないという事で特に人気がある様で、期待して皆さんこの雨の中”酷道”を黙々と歩いていました。


野猿公苑 (3)
<休憩所からあふれたドイツ人観光客: 猿が出現しない場合はここで待機です・・・来る保証はありません>

 雨降りと、猿が発情期だと温泉に来ないそうで、今日はどうも猿は現れそうにないとの事で、我々は引き上げてきました。
しかしドイツ人観光客はそれでも待合室でじっと待機しているようでした。
10日間のツアーで行程は本日が”野猿公苑”、明日が”白樺湖”、明後日は”飛騨高山”だそうで、たぶん”猿を見る”のがこのツアーの最大の目的のようでした。(本当に残念でしたね)


野猿公苑 (2)
<野猿公苑手前の温泉の吹上>


 私はと言えば、猿なら我が家の畑でそれこそ見飽きているので温泉に入っている猿が見えなくても全く心残りはありません。
それより次の目的地、近くの日帰り温泉(長峰温泉)に入って、大広間でビールを飲んでゆっくり楽しんで来ました。
ここは特に(全く?)”風情”がある温泉ではありませんが、湯温は37~8℃位と低く”イオウ温泉”でゆっくり入ることが出来ました。

 山には登れませんでしたが、たまにはこんな山行があっても良いですね。


2016.09.29
関連記事

Comment

非公開コメント