つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”誘導棒”作製

 所属するボランティア団体では、年4回の”通学指導”という定例活動があります。
これは交通安全週間に合わせて、小学校の通学道路で、学童の交通指導を行う活動です。
主に幹線道路での学童の道路横断の見守りです。
PTAも当番制で同じ活動をやっていますが、我々ボランティアも同じく当番制で期間中の朝街頭に立っています。(期間中ひとり2~3回)

 信号がある場所なのでこれまで学童の横断時”手”で、車に停止合図をしていましたが、それだと”手持無沙汰”なので”LED誘導灯”を使うようになりました。


誘導棒 (5)
<LED誘導灯: 夜間は赤いLEDの点滅が出来るものです>


 ところがこの誘導灯、活動する昼間は明るくてLEDを点灯しても見えないので点灯の必要はありませんが電池2本が入ったままだと少々重量があり、長時間使うと手が疲れます。(特に女性は)
そこでこれに代わる物としてこんな物を作ってみました。


誘導棒 (1)
<自作の誘導棒の材料: 廃材です >


誘導棒 (3)
<両側にエンドキャップを接着して白ペンキで下塗り>


誘導棒 (4)
<完成した誘導棒: 色分けは”黄金比”で分割しました>


 交通取り締まりで警察が使っている誘導棒に似せて作りました。(本物より細目だと思います)
材料は”塩ビパイプ”です。
雨水利用システムで使っていた配管用のパイプで、凍結や劣化で破損した廃材の再利用です。
警察が使っている本物の構造は知りませんが、こちらは中空なので軽くなっていると思います。


 最初2本試作して使ってもらいましたが、一応合格点を頂いたので、一緒に活動している仲間用に全部で5本製作しました。
市販品のLED誘導灯は数が無いので使い回しでしたが、こちらはタダなので人数分作って個人持ちとしました。
活動は昼間だけなので光らなくても十分問題なく使えると思います。(改良案としては”蛍光塗料”という手はあります)

 無くても全く問題ないものですが、これがあるといくらか””になります。 (馬子にも衣裳です!)

2016.10.07
関連記事

Comment

非公開コメント