つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

草取り機(その2 ・ 失敗の巻)

 刈払い機を使う”自作草取り機”について、継続して試作を行っています。
先日の2タイプの試作品の試験結果から、高速回転でも問題なく使えるという観点から、使用するブレード(板)は出来るだけ小型でなければいけないと考えて改めて試作品を作りました。

[ 試作3号機 ]

  材料は昔”草刈りブレード再生”として四角ブレードに改造した廃ブレードです。
これは振動が大きく実用化出来なかった代物です。
これから四角のベースプレートを切り出しました。

草取りブレード3 (1)
<廃ブレードから切り出し>


 このプレートに穴明けしましたが、ブレードは焼き入れされているため、穴明は結構困難でした。
1穴明ける度にドリルの研磨が必要でした。
このプレートの穴に、1号機より少し長目のボルトを取り付けました。


草取りブレード3 (2)
<試作3号機: 取り付け状態>


[ 使用結果 ]

 今回はバランス取りを行いませんでしたが、サイズを小さくしたので最高速回転でも振動が少なく、安心して回せました。(空回転です)
しかし、実際に高速回転で使用すると小石を跳ね飛ばして危険なので、やはり限度があって回転はあまり上げられません。
それでも草取り作業は前回の1号機よりボルトが長いお蔭で、効果は高く1号機より手際よく草取り作業が出来ました。


草取りブレード3 (3)
<30分使用後、ボルト曲がり発生>


ただボルトの強度は低く且つ首下が長くなったお蔭て、すぐに曲がりが出てしまい、このままでは使用不可の為まだまだ改善が必要です。

2016.10.05
関連記事

Comment

非公開コメント