つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

草取り機

 『農業は 草との格闘の日々と 覚えたり!』 (昔どこかで見た川柳です)
これは農業をやっている人間にとって悲しいい現実です。(涙)
しかも毎年毎年の事で、全く進歩と言うものがありません。

 先日広告でこんなものを見つけました。
刈払機(草刈機)に取り付けて使う草取り機(アタッチメント)です。
こんなものがあれば多少楽が出来そうです


a-草取りアタッチメント
<草取りアタッチメント>


 これまでも上手い方法が無いか考えないことはなかったのですが、アイデアが有りませんでした。
この広告の製品は中々面白いアイデアだと思います。
メーカーのHPに動画があったので見ましたが、畝間の草取りには使えそうな気がしました。
ただ我が家の畑の様に確り成長した立派な雑草には使えそうもありません、それより何より如何せん値段が高過ぎです。

 そこで”自作草取り機”を検討してみました。
2個試作してみましたが、どちらも刈払い機のブレードと交換して使います。

1.試作1号機

草取りブレード2 (1)
<自作”草刈り”ブレード: バランス取り上がり>

 刈払機では使えなくなったブレードを改造しました。
外周のチップ部分を折り取って、穴に長めのボルトを固定しただけですから、非常に簡単に出来ました。
高速で回転させるため、バランスが重要なので昔自作した”バランス取り器”でバランス取りしてあります。

2.試作2号機


草取りブレード2 (1)
<2号機: 鋸刃カッター付き>

 同じくチップが飛んで使えなくなったブレードを改造しました。
刃はバンドソーのブレードの廃品です。


---------------------------

 使用結果は・・・

まず〔2号機〕です。
これは始動後の超低速で早くも変形して振動が大きくなり過ぎて全く使えない(機械が壊れそう)
バンドソーブレードはバネ材だから強いと思っていたのですが、弱すぎました。
自分としてはこちらの方に期待をしていたのですが、土俵に上がることなくあえなく敗退でした。
    
草取りブレード2 (2)
 <変形した2号機のブレード>


〔1号機〕試験結果


草取りブレード2 (2)
<草取り試験結果: 左側が草取り前の状態、右側が1号機で草取り>

 1号機は実用化出来る可能性を十分感じる結果でした。
心配した振動も”バランス取り”の効果もあって問題ないレベルでした。
ただ”キックバック”が多少あり、ブレードが飛ばされて作物を傷つける可能性が有ります。
おまけに高速だとしばしば小石が飛んで来る事があって危険、いずれにしろもう一段の改善は必要です。

 
 以上この試験で今まで全く進歩が無かった”草取り作業”に光明が多少見えたので、来年に備えてもう少し検討したいと思います。


2016.09.17
関連記事

Comment

非公開コメント