つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

緑のカーテン(その後2)

 今年の”緑のカーテン”は前にも投稿していますが、”ナタマメ”です。
これが大成功となりました。


ナタマメ (1)
<緑のカーテン現状>


ナタマメ (3)
<ナタマメの実: 最長のものは30cm>


ナタマメ (2)

<2階の屋根まで届いたナタマメ>



 現在では2階の屋根まで優に届くものまででてきました。
ただ屋根までは、誘引ロープを張ってないので、ほとんどは2階のベランダでとぐろを巻いています。

 ナタマメもそれほど大量には収穫できませんが、それでも2階のベランダで1日1~2個くらいは採れます。
先日親戚の集まりがありましので、冷蔵庫で保存しておいたナタマメでテンプラと福神漬けを作ったところ大変好評でした。


 この成功で我が家では来年も緑のカーテンはナタマメとなりそうです。
ただ実の生りは極めて少なく大量消費が出来なかったので、その為の改良点です。(これが市場に出ない原因ですね)

 ・少し早い時期に苗作りをする。
 ・収穫量確保のため、今年の2倍・20本くらい植え込む必要がある。
 ・誘引ロープは確りした太めの樹脂ロープにする。(今年は麻縄を使い1本切れた)
 ・誘引ロープは2階の屋根の庇まで張る。(約6m)
 ・支枝の誘引用として株間にも誘引ロープを張る。

 その為現在種取用の鞘を数個残してあります。
それが現在30cmくらいまで成長しました。
その姿は、正しく”ナタ”です。


2016.09.11
関連記事

Comment

非公開コメント