つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

カメムシ・トラップ

 ”カメムシ トラップ”なるものを試作しました。
先日『万年かぶら』さんから”モスキート トラップ”の投稿にコメントを頂きましたが、その中に”ペットボトル・カメムシ・トラップ”が活躍している旨記述がありました。
我が家でも今年はモロコシをはじめ、農作物ににカメムシがびっしり付いていて閉口しました。
知らないでいると収穫物にカメムシのあの匂いが付いていることがあり、捨てる事になった物も結構ありました。
中でも”ホップ”はかなりの量を捨てました。(涙)


 そこで”カメムシ・トラップ”を作って試験をしてみました。
捕獲に成功している”万年かぶら”さんに最初から教えを乞えば簡単なんですが、そこは根が天邪鬼で人に教えを乞う事が大嫌いな性分なので独学でやりはじめました。(本当に時間が掛かる嫌な性分です)



 使ったペットボトルの形態は”ススメバチ捕獲器”と同じ形状としました。
中に入れた誘引剤は”灯油”です。
NET検索しましたが、カメムシの誘引剤の記述はほとんど見つかりませんでした。
”誘引フェロモン”はある様ですが、素人には手が出せない世界です。
唯一”カメムシには灯油がかなりの誘引効果がある”と書いたものがありました。
これなら液が腐ることは無く、かなりの長時間使用可能となるので試してみました。

カメムシトラップ (1)
<ペットボトル製”カメムシ・トラップ”>

カメムシトラップ (2)
<雨の日が多いので雨が入らないトラップ: パイプの下部に穴を明けてあります>


 その2週間後の結果です ・・・・・・ → 全く効果なし

 
 3台作った”カメムシ・トラップ”を電柵フェンスにセットして置きましたが、ただの1匹も入っていませんでした。

”カメムシに灯油”は全くのガセネタでした。


2016.09.19
関連記事

Comment

非公開コメント