つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

雨の日の作業

 最近は台風の影響で雨の日も多いのでこんな時には、日頃手が回らないところの修理をやっています。
今回そのひとつ”車のキャリアーのヒビ割れ修理”を行いました。


 これまで都合約45年間車に乗っていますが、乗用車タイプの車も含めこの間乗った全ての車に”キャリアー”を載せています。
昔はオートキャンプの用具やスキー板を積む為、最近は単管や木材などDIYの材料を積むために私にとっては必須の装備です。
加えて現在のキャリアーは、長さ6mの単管を4本いっぺんに搭載出来る強度の実績があります。
しかしこのキャリア、高速度道路走行では厄介者で、100km/H以上だと相当な風切り音で車内では会話も出来ないので閉口しますが、お蔭で低速走行の安全運転に徹することが出来るので常に載せたままでいます。


 さてこのキャリアは自作です。(但しキャリアベースだけは純正品です)
キャリアーの自作もこれで3台目になります。(耐用年数は1台約10年)
いずれも”イレクター”で作りました。
一応表面に樹脂の厚い被膜がありますがそれでも常に戸外で使うものなので、そのままだと直ぐに錆びて腐食するので、時々ペンキを厚塗りしています。

 現在使っているキャリアーは既に10年以上使用しています。
前の車からの継続使用です。
その為何回も塗装を重ねていたものの、最近表面の樹脂のひび割れが酷く且サビが激しくなっていました。

 そこで先日新規に造るつもりで車から一旦取り外しました。
改めて様子を見ると、下面に結構なヒビ割れとサビが有りますが、強度はまだありそうなので、最後の修復作業をすることにしました。


キャリア修理 (2)
<ヒビ割れ補修: ”ボンドスーパーX + トタン屋根塗装の残りペンキ”で補修 >



キャリア修理 (1)
<復活したキャリアー>


 これでまだ2~3年は使えると思います。

2016.08.31
関連記事

Comment

非公開コメント