つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ホップ収穫

 今年も無事ホップ収穫時期を迎えました。

ホップ収穫2016 (1)
<ホップ棚>



ホップ収穫2016 (2)
<ホップの実(毬花)>


例年より10日位早い収穫でしたが、それでも採ってみると色が黄色みが強くなっていて、収穫時期が少し遅かった様に見えました。
今年は野菜でも何でも早過ぎて、全く追いつきません。

 
 今年は収穫したホップを全て”冷凍貯蔵”することにしました。
昨年試験的に一部を冷凍貯蔵しましたが、乾燥貯蔵品と比較して品質が素晴らしく良い事が分かりました。
昨年は冷蔵庫の冷凍室だけで収容能力が無かったので、今年新規に小型の冷凍専用庫を準備しました。

 お蔭で100%の収容能力がありますが、ママレードやジャムのストックも増え、ここで既に満杯状態です。
そこで今回は、収穫したホップを”真空パック詰め”を行っって体積を小さくし上で冷凍保存することにしました。

ホップ収穫2016 (3)
<収穫したホップ: 毬花のもぎ取りに2日間掛かりました>


ホップ収穫2016 (4)
<真空パック詰めした”生ホップ”>



2016.08.13
関連記事

Comment

非公開コメント