つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

第2電柵畑の現状

 真夏の暑さで日中の農作業は何を行っても汗だくです。
しかしこの炎天下でないと出来ない(いけない)作業もあります。
”トラクターによる草取り耕うん”です。
土が湿っていると、耕うんした後でも草が十分に枯れません。
土が完全に乾いている時が最適なのです。

 という事でトラクターのローターで土煙を巻き上げながら半日耕うん作業を行いました。


かぼちゃ畑 (1)
<トラクターでの草取りの終わった畑、奥は第二電柵畑>


 さて今回草取りを行った畑に、今年新たに造った”電柵畑”があります。
新規購入した電柵電源は初期不良がありましたが、修理から上がって来た装置は現在問題なく稼働しています。
元々が”カボチャ”と”サツマイモ”の栽培目的で造りましたが、目論見通り順調に成長して、畑中が蔓だらけになってきました。

 昨年はかぼちゃ全体を網で覆ったお蔭で、虫(蜂、アブや黄金虫等)が内部に入り込めず受粉が出来無い為に実が付かなかったのですが、今年は完全にオープンなので、現在ハンドボール大の実がゴロゴロしています。
受粉を媒介する虫の働きには驚くばかりです。

かぼちゃ畑 (3)
<カボチャもサツマイモも順調に成長しています>


かぼちゃ畑 (2)
<現在のかぼちゃ、こんなのがゴロゴロ>



2016.08.19
関連記事

Comment

非公開コメント