つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

緑のカーテン(その後)

 今年我が家は”緑のカーテン”として”ナタマメ”を植えました。
これが今、凄い事になってきました。
結果、これまでの”緑のカーテン”の中で一番の出来になったと思います。


ナタマメ (1)
<ナタマメの現状: あみだくじ状態>


 これまで緑のカーテンとして色々の植物を植えてみましたが、成長がイマイチで日射しを覆い隠すほど成長したものがありませんでした。
今年の”ナタマメ”はこれまで中々成長が遅く、しかも蔓も細く弱々しい限りでしたので、「今年も選定に失敗か?」とやや諦め気味でした。
ところが梅雨が明けたとたんにものすごい勢いで成長しだし、手が届く位しか伸びていなかった蔓が数日で2階のベランダの手すりを越えました。(4m以上です)
ナタマメは亜熱帯の作物と聞いていましたが、この結果で納得です。
おまけに支枝が出だして、横の弦に絡まり出して、”梯子状”というか”あみだくじ状態”となっています。
この支枝、成長が恐ろしく速く、一日で30cm位も伸びるものがあります。

そうしたら最近房状の支枝が出て来ていたと思っていたら、花が咲きました。

ナタマメ (2)
<ナタマメの花>


 これで鞘(実)が付けば、いよいよ念願の”福神漬け”を作ることが出来ます。
又野菜加工の楽しみが一つ増えそうです。


2016.08.15
関連記事

Comment

家も同じことをしてます

こんばんは 私もナタマメ茶をしようと遅すぎましたが5月に種まきしたらいつの間にか伸びて来たので西日対策にネットを張ったらいい感じに蔓が絡み白い花が咲きました。写真と同じくらいの成長具合なのでビックリしました。福神漬けにするにはまだほんの若い鞘が良いようです。以前福神漬けをした時、少しでも大きくなると豆がねちゃっと美味しく無かったように思います。試してみてくださいね。

No title

万年かぶら さん、こんにちは。

 このナタマメの夏場の成長スピードは驚きです。
葉も非常に大きくなってきたため、細い麻紐が切れそうで心配になっています。
今5cm程の鞘が数個付いています。
福神漬け用としては10cm以下で収穫するのが良いと聞いています。
もう少しなので、今から楽しみです。
非公開コメント