つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

タンドール窯でおやき

 珍しく奥さんが”おやきを作る”と言うので、久し振りにタンドール窯を引っ張り出して来て使う事にしました。

 古い地粉(3年前の小麦粉)が出てきたそうで、おやきを作ることになりました。(パンには使えそうにないそうです)
自宅のプランター栽培のナスが採れ出したのも一因です。

 タンドールは一般的には炭を使って火を起して使うものですが、この方法は一旦窯が暖まると大量のタンドール料理を作るのは便利なのですが、火起しに時間が掛かり、又窯が冷めるまでの時間もかかります。(完全に冷めるのは次の日です)
せいぜい10個程度のおやきを焼くだけなので、こんな場合は薪を燃やして準備することにしています。

 タンドールに拳大の端材を10個程放り込み火を点けます。
これで30分程度で、窯の温度が上がり使えるようになります。
ただ薪の場合窯の内壁にススがベットリ付くので、これが完全に燃えて無くなるまで待って使う必要があります。

 タンドールは一旦温まると内部の温度が、窯の位置に関係なくほぼ均一になり、中に入れた食材に均一に熱が伝わり美味しい料理が出来ると言う特徴があります。
今回ススを飛ばすため内部を観察していると、内部の炎が渦巻きながら上がっているのが分かりました。
これが窯内部の温度を均一にする要因のように考えられます。


[広告] VPS

<タンドール窯内部の炎>


 さて今回のおやき作りは失敗でした。
地粉が古かったのが原因か?、出来た皮が柔らかく、タンドール窯の内部に貼り付けると餡の重みで垂れ下がってしまって皮が裂けて中の餡が落っこちて上手く焼けません。
通常は窯の内壁に数個同時に貼り付けて、1分程して表面が焼けて焼き色が付いたらたら壁から剥がして完成となるのですが、今回は1個づつ壁に貼り付け、様子を見ながら30秒ほど焼き一旦剥がして、今度は反転して表面だった側を壁に貼り付けて30秒焼くという方法にしました。

 手間は掛かりましたが、出来た”扁平なおやき”の味は、これまでと同じく美味しく頂くことが出来ました。
今回は余熱で試し堀りしたジャガイモの小芋を串焼きにしましたが、これも中々の美味しさでした。


2016.07.25
関連記事

Comment

非公開コメント