つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵電源故障

 先般新規購入した”電柵電源(ビリッとくん)”ですが、残念ながら稼働早々に故障してしまいました。

 設置1週間目でした。
6日目まで問題なく稼働していたのを確認していましたが、7日目の朝出力が極端に低くなっているのに気が付きました。
しかしそのまま稼働させていて昼頃確認したら全く出力がありません。


 制御回路には異常は無いようで、バッテリー電圧検出回路やCDS検出回路(昼夜切替回路)も正常に働いています。
パルス間隔(コイル?の音で確認)も正常でしたが、出力はありません。(放電しません)
制御回路は正常に動いていて、最終出力(高電圧)だけが出ていない様に思われます。
従って、幸い今回特注で改造をお願いした回路部分の問題では無い様です・・・??


 早速回路基板部分を開いて見ましたが、分かりません。
この回路は非常に簡素化されています。
高圧発生器の故障の様に思われますが、全ての端子の接続部分は防水対策の為か接着剤で覆われていて見えません。

 これ以上の解析は無理なのでメーカーで解析してもらう事にして、宅急便で送りました。
その間は又自作電源を使用していました。(この際、自作品の方が信頼性がある・・・?)


a-修理前
<電柵電源の内部>




 送付後直ぐにメーカーから解析結果の中間報告がありました。
高圧発生器への接続で極性間違があったようです。

 その後解析結果の詳細回答が来ました。
高圧発生回路への接続ミス(極性間違い)で一部の素子が次第に劣化して出力が出なくなったのが原因だそうです。
私の場合は連続稼働(24H稼働)で使っていました。
それでも6日間は正常に動いていましたから、これがもし日中だけとか夜間だけとかの設定だと、1カ月程度正常に動き続ける危険性がありそうです。

 メーカーからの原因の詳細説明は十分納得できる内容でした。
(大手メーカーの中にはでは、「詳細は後日連絡します」としてそれっきりだったり、真因を隠して明らかに可笑しな内容だったりすることがままありますが、これほど詳細に説明をくれたのは立派だと思います)


 さて故障した電柵電源本体が、修理を終えて返送されて来ました。
修理してから2週間ほど稼働試験を行い、問題ない事を確認してから送ってくれたようです。
早速、暫定電源(自作品)から置換えて使っていますが、今のところ問題なく稼働しています。


 今回の故障原因は非常に単純な製造ミスで、修理も容易だったと思いますが、それでも初期的には正常に稼働していたわけで、原因が単純なだけにこの手の不良検出(製品検査)は中々大変だと思います。
非常に真面目なメーカーの事ですから、今後は必要以上に”生真面目”に保証体制を考えて歯止めしてくれるだろうと期待しています。


 さて今回、不良返品した時宅急便で送りましたが、送料は一旦こちらで負担しました。
設置後電柵の長時間シュート等所謂いじわる試験を色々行ったので、こちらにも非がある可能性が考えられたからです。
ところが初期不良解析で直ぐに原因と、無償修理の連絡があったので、宅急便の送料を現金でなく、『佐渡名物』でお願いしたい旨連絡しました。

 そうしたら修理品の返送にこれが同梱されていました。



佐渡名物
<『佐渡名物』・・・これは送料分よりかなり高そう?>


 
 私も購入品の不具合で、明らかなメーカー責任の場合は保証期間に関係なく”クレーム”を付ける事がありますが(このブログでも何件かその一部を投稿してあります・・・クレーマーと言われている可能性あり?)、この最終処理では大手メーカーでは銀行振り込みや”現金書留”で送られて来て、ほとんどの場合領収書に印鑑を要求され、返送用の封筒を送ってくることが多いのですが、これが本当に事務的で嫌なのです。(要件としてコレコレと書いてくれとか・・・大企業病ですね。 私もついつい「解析結果を正式文書でくれなければ、返送しない」と、しなくてもよい意地悪もしたくなります。)


 『佐渡特産のわかめ 』、これは嬉しかったですね!!! (御馳走様でした・・・美味しかったです)
  

2016.08.09
関連記事

Comment

非公開コメント