つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵改良(小動物対策)

  電柵畑内の”モロコシ”と”ジャガイモ”が野生動物の被害にあいました。(最初の電柵畑です)
電柵電源は24時間稼働で問題なく働いていました。

小動物対策 (1)
<ジャガイモの木が枯れてきました、もう少しで収穫できます・・・ここが一番危ない時期です>


 昨年も同じ電柵畑でモロコシの被害がありました。
この時も電柵電源に異状がないのにも関わらず、被害が発生しています。
この時の被害状況の検証から、100mm目のワイヤーメッシュを摺り抜けることが出来るサイズの動物だったと推測しました。
今回もモロコシに付いた歯形から小動物と推定しています。(ハクビシン、キツネ、テンなどか)

 最初の電柵畑はこれまで”猿に特化した構造”となっています。
従って”マイナス電極”としては100mm目のワイヤーメッシュだけを使っています。
昨年の被害の時は電柵電源の稼働形態は”日中のみ”の設定でした。
猿の活動は日中だけ、夜間は活動することはありません。
従って電柵も日中だけの設定にしていました。
ところが小動物は猿と違って夜間だけ活動するので、電柵電源も”24時間稼働(連続運転)”の設定に変更しましたが、それ以降の被害は無かったので、効果があったと思っていました。

 ところが今回は”24時間稼働設定”にも関わらず被害に遭ってしまいました。
そこでワイヤーメッシュの上に更に網を張ることにしました。
電柵導入前に使っていた”ナイロン(ビニロン?)網”です。


小動物対策 (2)
<ワイヤーメッシュ全周の内側に網を重ね張り>


 この対策は、今年新規作製した電柵畑では既に実施済の内容です。
旧電柵畑でも”何時かやらなければ”と思っていただけでやっていませんでした。
既存の電柵に追加するのは新規に作るよりも何倍も時間が掛かって面倒なのです。
やはり”人間、痛い目に合わないと中々やらない”典型です。

 ここでようやく必要に迫られて実施しましたが、やはり1日中腰での作業だった為、腰に来ました!!
2、3日休養したいところです・・・しかし、そうもいかんか(泣)


2016.07.23
関連記事

Comment

非公開コメント