つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

栽培の新顔

今年は色々栽培の新顔があります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<その1>スグリ
 今年は無事”スグリ”の収穫をむかえました。

 一昨年ようやく実ったものの、それに気付かず、猿にほとんどを食べられてしまったスグリでしたが、昨年移植して栽培をしていました。
昨年は移植の影響でほとんど実がなりませんでした。
今年はそこそこ生っていたので、スグり専用の電柵を設置して守っていました。
それがここで収穫を向かえました。


スグリ (1)
<スグリ専用電柵>



スグリ (3)
<色づいたスグりの実>



スグリ (2)
<収穫したスグリ>



 まだ移植前程の実の付きはありませんが、それでもジャムに加工して1瓶分の綺麗な紫色のジャムが出来ました。
酸味の強い、中々美味しいジャムです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<その2>落花生

 昨年奥さんの職場の人が栽培した落花生を頂いて、非常に美味しかったので今年は我が家でも栽培を初めています。
先日電柵畑に移植した株に可愛い黄色い花が咲いているのを見つけました。

落花生 (1)
<落花生の花>


 落花生は花が咲くと、そこから”子房柄”と言うものを伸ばし地中に落花生の実を付けるそうです。
移植した時は雑草対策で穴明きマルチを使っているので、そのままでは柄がマルチに邪魔されて土の中に入り込めません。
そこでマルチを切り裂いて株下の土を出しました。

落花生 (2)
<株周りのマルチを除去>


 今年栽培している落花生は10株です。
年初の旧電柵畑での栽培計画に入っていなかったので、ようやく確保出来たスペースですがこれしか有りませんでした。
今年栽培が上手く出来れば、来年は新規電柵畑で沢山栽培したいと思っています。(格上げ・・・取らぬタヌキの何たらです)
 
 落花生栽培は初めてなので、今一番関心が有るのは落花生の名前の由来となっている”子房柄”がどのように土に入っていくのかを確かめる事です。
興味津々で見守っています。


2016.07.11

関連記事

Comment

非公開コメント