つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

玉葱干場

 先日玉葱を収穫したことを投稿をしました。
その玉葱は1日天日干ししてから、葉っぱを束ねて、作業小屋の天井から吊るして乾燥させていました。
その玉葱が2週間後、凄い事になっていました。

 束ねていた葉っぱが腐って、約3割の玉葱が床に落下していました。
更に大変だったのは、腐った葉っぱが凄まじい異臭を放っているのです。
この玉葱が腐った臭いは尋常ではないです。 
息も出来ない位の悪臭です。(これには参りました・・・涙、涙)


 これまで長年玉葱は猿被害を心配して、極少量しか作付していなかったので、乾燥も葉っぱを切って球だけ網袋に入れて同じ場所に吊るして置くだけで大丈夫でした。
今年は電柵のお蔭で猿被害が無い事が分かったので、目一杯作付したので、これまでの10倍程の量となっていました。
その為乾燥方法をどうするか悩んだのは事実です。

 玉葱の乾燥は一般的に茎の部分を紐で束ねて風通しの良い軒先に吊るして乾燥させます。
ところが畑にある家には普段誰も住んでいないので、これをやると猿の恰好な餌食となってしまいます。
そこで日当たりの良い作業小屋の中に吊り下げる事にしました。
乾燥の為には小屋の扉や窓を開放しておきたいのですが、そうすると猿が入る心配がありました。(泥棒と同じです)
古い作業小屋なので作りは雑で、壁と天井の間に大きな隙間があり、窓を閉め切ってもここから水分が抜けて乾燥できると踏んだのですがこれが間違いの元でした。(雨の日が多かったのも一因です)


 そこで今後も干場とする作業小屋の窓を開放して風通しが確保出来るように改造しました。
猿が浸入出来ない様に、窓枠に”ワイヤーメッシュ”を取り付けました。
”鉄格子”です。(人間が鉄格子の中で生活する・・・嫌な世の中になったものです)
これには電柵で余ったワイヤーメッシュをリサイクルしました。


干場 (1)
<対策前の作業小屋>


干場 (2)
<ワイヤーメッシュを取り付けた作業小屋: 3箇所の窓が開放出来るようになりました>



 玉葱の次には”ジャガイモ”の乾燥も必要となります。
このジャガイモも同じく昨年乾燥に失敗していたのでこれで一応安心できます。
それにしても『猿対策』は電柵だけ作れば終わりとはいかず、次から次と多岐に渡って本当に大変です。


 今日本へ来る海外の観光客、特に元々猿の居ない欧米からの観光客には自然の中の”ニホンザル”を見る事が人気だそうです。(一番は長野県山ノ内町のスノーモンキー ・・・ヤレヤレやっぱり長野県か)

 この猿を使って何か”ひと儲け”出来ないかナーー  ・・・ アイデア募集中!!!


2016.07.05
関連記事

Comment

非公開コメント