つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

バラ園巡り2

 今年2回目の”バラ園巡り”に行ってきました。
伊那市高遠にある”シンワの丘バラ園”です。

ここは数年前(?)のオープン時に行ったことのある比較的新しいバラ園です。
オープン年は無料でしたが2年目から入園料を取るようになったので、最近は行っていません。(料金程の価値が感じられなかったので・・・たった¥200なのですが)


 以前行った時は開花初期で、ツルバラやボーダの背の高いバラが沢山あったのですが、まだほとんど開花が見られなかったのが残念で、今回バラ祭の最終に合わせて行ってきました。(・・・ただ一般的にバラを見るなら八分咲き位が一番きれいに見えるので行くなら開花初期です)

 今回は木の成長も良く、手入れも行き届いていて見応えのあるバラ園となっていました。(”入園料分の価値”がありました)
目的のボーダーのバラも満開時期は過ぎていましたが、綺麗に咲き揃っていました。


シンワの丘バラ (1)
<バラ園全景: 今回この斜面のバラも咲いていました>


シンワの丘バラ (2)
<ボーダーのバラ>


シンワの丘バラ (6)
<ツルバラの仕立ても独特で面白い>


シンワの丘バラ (3)


シンワの丘バラ (5)
<この日は風が強く、散ったバラの花びらも綺麗でした>


シンワの丘バラ (4)
<ちょっと変わったバラです>



2016.06.27
関連記事

Comment

非公開コメント