つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵用”ソーラーパネル”増設

 新設した”電柵畑”の使用開始しましたが今のところ問題はありません。(まだ収穫できる野菜が無いので当然ではありますが・・・)


新規ソーラー (4)
<今回新たに製作した電源供給部分>


 自作電柵電源(高圧発生装置)は暫定使用ですが、ここで”電源部”を新設(増設)しました。
ソーラーパネルとバッテリーです。(これは恒久設備です)
元になる”ソーラーパネル”は前回と同一品で”秋月電子”から通販で購入した12Wパネルです。
これは前の電柵でも丸2年ほど使って実績があります。
電柵用としてはこの程度の発電能力で十分のようです。

 今回この固定部分を造りましたが、構造を改良しました。


新規ソーラー (1)
<前回のソーラーパネル固定構造: 自由度1(回転(方向)のみ)・・・今年の4月1日の投稿でに登場したので、見覚えのある人も居ると思います:下の花びら形のワイヤーは猿除けの+電極です>



新規ソーラー (2)

a-ソーラーパネル改

<今回のソーラーパネル固定構造: 自由度2(回転+パネル角度)>



 パネル固定構造は前回の部品点数6点から2点になりましたので、加工時間も大幅に少なくなり、2時間で完成しました。(前回は確か丸1日?)
前はパネル角度(約15°)は固定でしたが、今回は角度調整(±30°)も可能です。



a-バッテリー
<バッテリー部: SW、ヒューズ、LEDランプは家電製品からのリサイクル品です>


 バッテリー(鉛蓄電池)は自動車ディーラーからタダで頂いてきました。(程度の良い物をチェッカーで選んで貰ってきました)
これを”PPプラダン”でケースを作り、スイッチ、LED、ヒューズ、ダイオードで一応安全を確保してあります。
12Vでも直流はショートすると怖いので安全回路は必須です。(ショートすると電線が激しく燃える・・・実際に見たことがあります)

以上購入品としてはソーラーパネルと電線だけで、残りは廃材利用ですが、これで占めて¥3,000也です。


 ソーラーパネルの発電状態をチェックする測定器を持っていないので正確な事は分かりませんが、今日は今にも降って来そうな天気ですがパネルの出力は19Vありますから、これでも充電出来ているのではないかと思います。
これまでの設備も同じ構成で昼夜連続稼働をしていますが、年間を通してバッテリー容量不足でシステムが停止したことはありませんから、今回も同じく手が掛からないシステムが出来たのではないかと考えています。


 これで形としては恒久仕様となりましたが、まだ最終形態としては電柵本体(高圧発生器)を市販品に置き換え予定です。
現在その本体を発注(特注)していますので、近々入手出来ると思います。


新規ソーラー (3)
<完成した新規電柵畑>



2016.06.29
関連記事

Comment

非公開コメント