つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

さくらんぼ狩り

 昨日”さくらんぼ狩り”に行ってきました。

 昨年初めて行った”さくらんぼ狩り”に味を占めて、今年も行ってきました。
昨年は民放ラジオで”さくらんぼ祭”の大々的な宣伝をしていましたが、今年はそれが一切ありません。
それでも昨年と同じ中野市に行ってきました。

ところが途中高速道路のトンネル内で車両火災が発生。
これが高速に入ってからの発生だったために、途中の安曇野ICで降ろされる羽目になりました。
安曇野ICを降りて次の麻績(おみ)ICまでの国道がこれまた大渋滞で1時間経ってもその半分しか前進出来ません。

 そこでさくらんぼは諦めて、目的地を生坂村の”灰焼おやき”に変更。
前に定休日で購入できなかったおやき店に行ってきました。
生坂村のおやきは何処でも予約が必要なようで、ここも予約制でしたが無理を言って購入することが出来ました。
そのおやきを近くの道の駅の駐車場で食べ終わってから、カーナビで当初目的のサクランボ狩りの地点を検索すると、麻績とは別のICからだと意外に近い(それでも1時間40分)と出たので、急遽行ってきました。

 ”さくらんぼ祭”に関しては、今回NETで調べても情報がありませんでしたが、昨年と同じ場所でやっていました。
料金も昨年と同じく¥1200(通常¥2000)でした。 ・・・ヤッター!!


さくらんぼ狩 (1)

さくらんぼ狩 (2)
<さくらんぼ狩り:今年は”佐藤錦”中心に攻めました!!・・・4種類ありましたがやはり”佐藤錦”が飽きずに食べ続けられます!>


 入園した時『高速道路が通行止めで苦労して(?)やっと来ることが出来た』と話をしたところ、通常食べ放題30分のところを45分にして頂き、おまけに帰りにサクランボを1パックお土産に頂きました。
中野のさくらんぼ農家の方は本当に優しいですね !!!!!!


 帰りの高速道路は問題なく無事に帰ることが出来ました。
帰ってからTVのニュースを見ると、この車両火災で高速道路は両方向共3時間あまり通行止めになったそうです。
我々はそれでも通行止め直後に降ろされたので比較的(?)影響が少なかった可能性があります。


 今年は高速道路で事故があり苦労しましたが、その甲斐は十分あったと思います。
昨年と2年間続けて来て、格安料金でそれこそ欲で腹いっぱい食べたので、「来年はもう良いね!」という事になりましたが、昨年もその時にはそう思った気がしたので、3年連続の可能性は十分にありそうです・・・???

2016.06.19
関連記事

Comment

非公開コメント