つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ママレード作り

 本日、ママレードを作っています。
 
 原料は熊本産の”甘夏”です。
前回(一昨年)初めて購入し、ママレードを作ってその美味しさに驚きました。
昨年はうっかり忘れていて気が付いた時には、残念ながら既に注文受付終了でした。
従って今年は忘れないように早目に注文を行っていましたが、それが昨日届きました。


 3月/初に注文をしてあったのですが、5月/初にそろそろ来る頃と思ってHPにアクセスしたところ、『地震の為、今年度の発送を中止します』との文字が飛び込んできました。
生産者が九州だとは思っていたのですが、この時初めて、熊本県だったと気が付きました。(大変申し訳ない)
「地震(余震)の為、山間地にある”みかん畑”に行けない。」と理由が書いてありました。
この為今年も無理だと諦めていたのですが、先日突然発送したとのメール連絡があり待っていました。


 ママレード (1)
<届いた甘夏>


ママレード (2)
<無農薬なので顔が悪いのは我慢です: ”ヘタ”を見れば貯蔵品でないのは一目瞭然>


 この甘夏は『完全無肥料・無農薬』生産を謳っている物です。
従ってワックス処理もしてないので、見てくれは少し悪いものがあります。
我が家はこれで1日掛かりでママレードを作り、ほとんどは冷凍保存して1年間食べています。

ママレード (4)
<この鍋で3回作ります>



 さて本日は”ラズベリー”の初収穫をしました。
甘夏が上記背景で入手時期がずれ込んだ関係で、”ラズベリー”の収穫時期と重なってしまいました。(こちらは例年と同じ)
お蔭でここで少し休養と思っていたのですが、大忙しの毎日となりそうです。
 
ママレード (3)
<本日ラズベリーも初収穫で、ジャムに加工しました>



2016.06.17
関連記事

Comment

非公開コメント