つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

五重塔

 昨年加入したボランティア団体のメンバーには様々な人が参加しているようです。
そのボランティア活動を通じて知り合いとなったメンバーのひとりに大工の棟梁が居ました。
先日会議(飲み会)の席で、初めて話をする機会があり、その話のなかでこの方が”宮大工”であること、それもかなり有名な流派を伝承する方である事を知りました。


 私も木工仕事には興味があるので、色々聞いていく内に、その方の作品が諏訪市博物館に展示(寄贈)されているのを知りました。
「興味があったら是非一度見てください。」との事でした。


 そこで早速行ってきました。


 それは”五重塔の模型”でしたが、見た瞬間に衝撃を受けました。
”模型”と聞いていたので、せいぜい高さ1m位の良くある建物模型を想像していたのですが、高さ3m以上、現物の1/10サイズの総檜作りでした。


 諏訪大社は全国に約25,000社ある”諏訪神社”の総本社で、昨年盛大に”御柱祭”が行われた神社ですからTV放映などでご存知の方も多いと思います。
その諏訪大社の境内に昔、お寺や、五重塔があったことは知りませんでした。
明治時代の神仏分離令に基づいて境内にあった寺(神宮寺)が解体(破壊)された折り、五重塔も解体されることになったのですが、当時の宮大工が詳細な図面を残して置いたそうです。
その宮大工の流れを汲むのが彼の棟梁の様です。

 
 博物館に展示されていたのはその棟梁が、破壊された五重塔を再建する目的で作った模型だそうです。
ですから残された図面と寸分の狂いもない、ただ1/10サイズであると言うだけの物なのです。
ですからこれは模型というものではなく、小さな実物だと言えます。
この模型だけでも見る価値が十分あると思いますが、再建された現物を是非見たいものです。


五重塔 (1)
<五重塔>


五重塔 (2)
<五重塔細部: 組手に全く隙間などありません>




五重塔 (3)
<設計図: 当時の宮大工はこの図面1枚だけで造り上げた様です>


 諏訪大社の境内から少し登った所に、今でもこの五重塔の跡が残っているそうです。
博物館の直ぐ近くのようでしたが、今は雪の下なので寒くて行く気になりません。
春になって雪が解けたら一度是非見に行きたいと思います。


2017.01.19
関連記事

Comment

非公開コメント