つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

農機具保管室

 久々に朗報です。
”農機具泥棒”が捕まったようです。
前にも農機具泥棒が2人捕まったとの新聞報道がありましたが、先日の新聞によると新たに4人の泥棒が捕まったそうです。
今度捕まったのは、この辺を荒らし廻った真犯人の様です。
4人共中国人でした。


農機具泥棒 (1)
<新聞記事: この車の中に刈払機が約25台、この積み方は流石プロ・・・妙な感心!>


 今度の泥棒が仕事をした場所がこの近辺で、その一人が隣部落に住んでいたという中国人が入っています。(なるほど土地勘があるわけです)
日本人の泥棒は自分の部落では泥棒しないと言いますが、この中国人は自分の住んでいた部落内でも盗みを働いていた様です。
『捕えてみれば・・・』の典型です。 (お隣さんの機械も? ・・・本当に中国人は恐ろしい!)



 これまでこの一連の盗難騒ぎを受けて我が家でも色々対策を取ってきました。
・”センサーライト”を2基設置しました。
・扉の無かった農機具小屋に鍵の掛けられる扉(3枚)を新規作製しました。
 ・・・お蔭で中が丸見えだったのが見えなくなり、雨の浸入対策も同時に出来たので、家人にも好評です。(中身は同じなので、体の良い”ボロ隠し”です)


 又更に恒久対策として、母屋に農機具を入れる部屋を確保する準備をしていました。
ここは昔外便所だった所ですが、最近水洗化された時に廃止して、床をコンクリートで埋めて物入れとして使っていたところです。
今回の泥棒は捕まったのですが、又同じような新たな人間(不良外人)が出てくる可能性が十分考えられるので計画通り推進する事にしました。
元々サッシドアですが、鍵付きで無かったので鍵付きのノブに新たに交換しました。(元トイレでしたから内側からは鍵が掛けられる構造で、ノブの交換だけです)


 後の祭りですが、初めての修理でノブの取り外し方や構造(寸法)が分からなかったので、今回あらゆるメーカー品に対応可能と言う”万能型(可変型:¥3680)”を購入しましたが、交換が終わって構造が分かってみると、固定型(可変出来ないタイプ:¥2180)を購入しても機能的には同じだったと少し残念な気がしました。(可変型は”ドア厚み違い”、”ネジ間隔違い”に対応可能)


農機具泥棒 (4)
<これが外便所跡です>


農機具泥棒 (5)
<購入した鍵付きノブ部品: キーが5個も付いていました・・・何故?>


農機具泥棒 (2)
<”鍵付きノブ”になりました: 交換は簡単で15分で終了…もっと早くやればよかった>



 ここには小型の機械(刈払い機、チェンソー、エンジンポンプ等)及び危険物(ガソリン、オイル)、機械の交換部品等を保管することにしました。
そこで早速これまで母屋の廊下に並べてあった機械類を移動しました。(・・・廊下を歩く度に邪魔だと感じていた機械が無くなり、4カ月振りにようやくスッキリしました)
尚、鍵付き扉を新設した農機具小屋には中型機械や、コンテナ、農薬などを保管することにしました。
ただトラクターだけは今後もむき出しのままなので、少し気がかりです。



農機具泥棒 (3)
<鍵の掛かる農機具保管室>


 今回やったことは、前から何時かはやらなければと思っていた事ではありましたが、泥棒騒ぎのお蔭で図らずも早急に完了出来ました。
お蔭でここしばらくの間、通常の農作業と、新規電柵畑設置、泥棒対策の3つが重なり、それこそフル回転の毎日でした。
これで全てが一段落し、梅雨も本格的に(?)なりそうなので暫くゆっくり休養したいと思っています。


2016.06.15
関連記事

Comment

非公開コメント