つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電柵新設(その4)

 玉葱の収穫を行いました。
今年は猿被害を気にすることがないので目いっぱい作付したので収量は、過去最高だったと思います。
但し品質的には今一歩で、大玉は少なく、中玉中心で、小玉も結構ありました。(・・・農業の勉強も真面目にしないと(汗))
それでも”電柵”のお蔭で、無事今年も収穫を迎えられたのは嬉しい限りです。


玉葱収穫
<収穫した玉葱: 天日干し後吊り下げます>


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さてようやく新規の電柵が完成しました。
この間、ご近所で電柵に興味を持っていて製作過程を見たいという人が居ましたので、2回ほど見てもらいました。
と言っても直ぐには電柵設置にはならないと思いますが、色々考えているより現物を見ることで余計な心配事がなくなって具体的な動きに一歩前進出来るのではないかと思います。


 今回の電柵作りでは細々したところで改善を図っています。 
以前の電柵では+電極にもワイヤーメッシュを使っていましたが、今回+電極はSUS針金(#20)を使っています。
従来ワイヤーメッシュを使っていた理由は強度です。
従来の電柵設計では猿の成獣は体重が結構重い(15kg前後)ので、確りした強度の高い物が必要だと考えてワイヤーメッシュとしましたが、これまでの経験から+電極に全体重を掛けることは無いので必要ないと思われます。(+電極に手を掛けた瞬間に電撃を受けて落下する・・・らしい?・・・一度見てみたいのですが)
但しGND側は、確り登るので全体重が掛かり強度が必要で、ワイヤーメッシュは必須。


 今回当初計画では電源は従来の電柵からSUS針金を引っ張って(5m)接続の予定でしたが、実際引っ張って試験を行ったところ、一番遠い処の電圧がかなり下がっていることが分かりました。(それでも4000V以上はある感じ?)
又5mの電線を張った場合、ここに猿が飛びついて切れると、電線(+電極)が地面に落下して、新旧両方の電柵が同時に機能しなくなる危険性があります。
以上を考慮した結果、危険分散の観点で別電源の設置をすることが得策と判断しました。



新規電柵0611 (1)
<完成した新規電柵: 下の白い容器はバッテリー保管庫(リサイクル容器)>


 新規電柵は取りあえず前使っていた自作電源(イグナイターを使った試作品)を使っています。(まだ全く問題なく元気に稼働しています) 
又今回電源装置(高電圧発生装置(BOX)、バッテリー)は電柵内に入れました。
以前の電柵では電源は電柵外に設置した為、猿が単管TOPにあるソーラパネルに登って悪戯する為特殊な防御装置が必要でした。
今回電源を電柵内に設置したので猿がソーラーパネルに登る事が出来なくなりました。(多分??・・・確証が無いのが苦しい)
お蔭で装置の簡素化が出来ました。
今回もソーラーパネルを使って充電するので単管TOPに後日設置予定。(バッテリーだけでも2~3ヶ月稼働OKなので、この間に製作する予定)


新規電柵0611 (2)
<自作電源設置: 電線の間から手を入れてスイッチ操作する>


 この結果電源BOXのスイッチ操作は外側から電柵越しに行います。
この装置は私以外にも複数の人間が操作することになります。
電柵外からプラス電極の電線2本の隙間に手を入れて操作することになります・・・多分大丈夫だと思います??(運悪く電撃を受けた人間が現れた時には改めて検討します)

 
 尚今回急遽計画変更で独立電源とすることなった関係で、時間が無く暫定で自作電源を使っていますが、今後出来るだけ早急に市販品を手配して置き換える予定です。(”自作品”でも問題ないという自信と実績はあるのですが、行政の規制内容が不明確なので(世間の風当たりもありそうで・・・?)・・・それでも自作品は予備電源(緊急用)として確保しておきます)


2016.06.23
関連記事

Comment

非公開コメント