つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

八ヶ岳開山祭

 本日は所属する山岳会の年中行事として、地元の山である八ヶ岳の開山祭に行って来ました。
昨夜からの雨も朝には止んでいましたが、朝6時に主宰する茅野市役所観光協会に電話して確認すると予定通り山頂で開催との事で出発しました。」

 八ヶ岳の開山祭は毎年、八ヶ岳の最高峰である赤岳(2899m)と北八ヶ岳の北横岳(2480m)の二カ所で行われています。
今回”北横岳”では山頂で開催されましたが、”赤岳”は昨夜からの雨が雪になったとの事で麓の行者小屋での開催となった様です。

 昔は(若い頃は)開山祭には日帰りで赤岳に登っていました。
しかしここ10年程は、ロープウェーで簡単に登れる北横岳です。
それでも3年程前からは、ロープウェーは使わず北横岳の北側、亀甲池から直登するルートを設定しています。
開山祭の時期にはこのルートにはまだ雪が確り付いていて、雪山の面白さがあります。
今年もこの亀甲池ルートから登りましたが、亀甲池までのルートを大河原峠から入るコースに変更しました。
”蓼科スカイライン”を大河原峠まで車で入るのですが、例年まだ積雪の為に6/中までは冬季閉鎖の道路です。
今年は雪が少なかったので、5/末で冬季閉鎖が解除となっていた為、初めてこのルートを使いました。(参加者2名です)

 この時期、例年ならアイゼンが必要なルートですが、今年は全く雪がありません。
雪があった方が道が平らになって比較的登り易いのですが、雪が無いと石が積み重なった階段状の道で登るには結構大変なルートです。

開山祭2016 (1)
<昨年は満水だったのに、今年は雪解け水も非常に少なく干上がった亀甲池>


開山祭2016 (2)
<開山祭式典風景>


開山祭2016 (3)
開山祭途中から青空が出てきました: 参加者は例年の2/3程度>


開山祭記念バッジ2016
 <今年の開山祭記念バッジ:  ミネズオウ >


 計画では帰りも同じコースのピストンの予定でしたが、今年は雪がなく登りで1時間近く速く登頂出来たので、体力的にも余裕があり帰りのコースを変更して、

  大岳(2382m)→双子池(2030m)→二子山(2224m)→大河原峠・駐車場(2093m)

としました。
このコースは7・8年前に山岳会の”八ヶ岳全山縦走”で一度通っているのですが、その時は雨でコース途中にある”大岳”に登らなかったので、そのリベンジの意味もありました。
又来年の開山祭に備えて、このコースから登ることが出来ないかその下見目的でもありました。

その結論・・・『今回の下りでもとても大変だったので、登りに使うのは絶対に止めたい!』


開山祭2016 (5)
<大岳山頂から赤岳方向>


開山祭2016 (6)
<神秘的な色の双子池>


今回のコース
<本日の周回コース全貌>


2016.06.05
関連記事

Comment

非公開コメント