つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

雨の上高地

 昨日所属する山岳会の山行で”上高地散策”に行ってきました。
上高地にはそれこそ数え切れないほど行っていますが、いずれも登山が目的なので通過するだけで、ゆっくり見物したことはありませんでした。
大正池や田代池、明神池など今回初めてゆっくり散策できました。


 上高地は先日開山祭(ウエストン祭)を終えたばかりで、今が芽吹きの時期で、新緑が最も美しい季節です。
ところが昨日は生憎の雨、それも前後1週間は晴天でこの日1日だけが雨となりました。(この場合、山岳会では”一重にリーダーの行いが悪い”という事にななります)
1日傘は離せない空模様でしたが、それでも幸い合羽を着るほどの降りとはならず、小雨に煙る静かな上高地を楽しむことができました。

 大正池で貸し切りバスを降り、明神池まで梓川沿いを右岸(*)を遡り、明神池からは左岸を小梨平のバスターミナルまで戻る周回コースです。(*:河川法では上流側からみて右が右岸となるようです)
大正池の入り口では、シャトルバスや観光バスから次々降りてくる人がいて、雨の平日にも関わらず結構な人出になっていました。
いづれもツアーの観光客です。

上高地散策 (1) <雨の田代池>


上高地散策 (2) 



 河童橋に近づくと、木の葉がまとまって落ちている場所があったり、太い枝が折れている木があったり、雹や落雷の跡かと不思議に思っていました。
ところがその原因が分かりました。

 猿です。

上高地散策 (3)

上高地散策 (4)
<上高地の猿>


 ここまで来てまた猿に遭遇して、非常に不愉快になりました。
2m位近くに寄っても全く逃げません。
「猿に餌を与えないでください」との立て看板があるのですが、これを無視してまだまだ猿に餌をやる観光客が多く居るのだと思います。
人間に危害を与える猿が出てこないか心配です。

上高地散策 (8)<コナシが満開>

上高地散策 (6) <濡れた木道が美しい>

 今回天気予報で1日雨という事が明らかだったので、大きなビニール傘を持って行きました。
山登りではこの傘が大変有効であることが分かりました。
ビニールを通して山や空、廻りの風景が見られる、前から来る人も良く分かり安全。

 登山装備として折り畳み傘は何時でもザックの中に入っています。
しかしこの傘は普通の布傘で、これを使う時には何時も憂鬱な気分になります。
これがビニール傘であれば少しは気分が良くなるような気がします。・・・?

 そこで帰って来てからビニールの折り畳み傘が無いか、NETで捜してみたらありました。
価格が思ったより高いのですが、もう少し安いものが見つかったら使ってみたいと思います。

上高地散策 (7)<ビニール傘から見た景色>

上高地散策 (5)<今回”長靴”を履いてきた人が居ましたが、これは大正解です>


2016.05.31
関連記事

Comment

非公開コメント