つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

沖縄旅行(その2)

 先日の沖縄旅行の続きです。
今回奥さんと2人で参加しましたが、初めての沖縄旅行なので4日間で沖縄本島の代表的な(定番の)観光地をほぼ隈なく巡るツアーを選定しました。

”世界遺産・座喜味城跡”、 ”海洋博公園(美ら海水族館)”、”ひめゆりの塔”、”首里城”、”琉球村”その他主要な観光地はもちろんの事、”パイナップル園”、”琉球ガラス工房”、”紅芋タルトの工場”、”国際通り”等のお決まりのお買い物コースも一通り巡ってきました。(お買い物コースは中国並?でした・・・沖縄県民、商魂たくましい!!)


 さて毎日違った観光地に行ったのですが、”ここは確か前日(又は前々日)走った記憶がある”、”10分前は”西海岸”だったのに、今は”東海岸”を走っている。”
観光地の移動はほとんど高速や自動車専用道路でしたが、何処もバスで30分以内には着いてしまった様に思います。
この結果沖縄は思っていたより非常に小さな島で、且つ幅が非常に狭い事を実感しました。


 ここで又沖縄から帰って来て直ぐに米軍がらみの悲しい事件が起きてしまいました。
 この狭い島に、それこそ巨大な米軍基地が沢山あるのは本当に異常で、残念です。
ゆったりした広大な米軍基地に対し、狭い地域にひしめき合って建っている住民の四角い白い箱の様な小さな家が対照的でした。
沖縄県民の苦悩をほんの少しだけ肌で感じる事が出来た旅でした。(・・・所詮旅人です)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さて、沖縄をバスで走っていると建物の違いに驚きました。
■ほぼすべての住宅はコンクリート造りの同じような四角な箱の様な家です。(見た目だけは地中海沿岸のようです)
 全くプレハブ住宅や木造家屋を見ませんでした。

■住宅の屋根には例外なく大きな”ステンレスタンク”が載っています。
 ・・・貯水タンク設置が建築申請で必須だそうです。
 ・・・雨水タンクを設置している住宅も沢山ありました。(こちらは建築確認とは無関係のようです)

沖縄は台風の通り道にあり、木造住宅では強烈な台風に耐えられないのだと思います。
又高い山や川が無いので雨が多くても水不足が深刻なのだと思います。


 沖縄は住民にとっては生活する上では結構大変な処の様に思われましたが、観光客にとってこの海の綺麗さ、広大さは最大の魅力です。
又今回5月中旬の旅行でしたが、既に沖縄は海水浴シーズンで観光シーズンでは無いとの事です。(真夏の観光地は一番暇な時期だそうです)
今回も2日間は快晴で、気温30℃超え、屋内屋外共に少し歩くだけで汗だくで確かにこれからは観光には不向きな陽気でした。


沖縄 (6) <美ら海水族館>

沖縄 (1)<ホテルの部屋から>

沖縄 (3)<ホテルのプライベートビーチ>


<沖縄の海: 暑くてもこれは魅力です>




沖縄 (2)
<ホテルの部屋から見た、海に沈む夕日>


沖縄 (4)
<鍾乳洞: 日本一?、目の前の鍾乳石に簡単に触れられる(?)所も珍しい>


沖縄 (5)
<那覇空港: スクランブル発進?の戦闘機・・・これで出発時間が30分遅れました>



2016.05,25
関連記事

Comment

非公開コメント