つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ホップ増殖

 今庭の花木が最盛期です.。
元気よく(?)、綺麗に咲いていますが、ただ昨年は時間が取れず剪定が出来なくて伸び放題だったのでそのお蔭だと思います。(・・・汗)
ツツジやサツキは花後直ぐに剪定しないといけないようですが、この時期は最初の草刈り時期と重なって手が回りません。
それでも今年はどうしても剪定する必要がありますので、花が咲き終わったら剪定作業を行います。(さてどうなるか・・・?)

ホップ株作り (5)



 さて同じく昨年”株作り”に失敗した”ホップ”ですが、今年は徹底的に行いました。(と言っても又も遅くなりました)

 ホップ栽培を初めて今年で7年目です。
昨年”生ホップビール作り”に成功しました。(従来のビール作りは”乾燥ホップ”使用です)
その後行った”冷凍生ホップ”を使ったビール作りも良好で、今年から栽培したホップは全て冷凍保存することにしました。

 この冷凍ホップの使用量は乾燥ホップの使用量より多い為、年間通じて冷凍ホップを使う為にはホップを増産する必要に迫られました。
そこで、今年はホップ苗の増殖を行う事にしました。
例年株作りで除去していた根(リゾーム)は捨てていましたが、これを活用して増殖することにしました。


ホップ株作り (1)
<発芽した現在のホップ株: ツルが1m以上伸び、既に株作り時期が遅れています>


ホップ株作り (2)
<最初に刈り払い機で一旦全て綺麗に刈ってしまいます>



ホップ株作り (3)
<株作り: 株の廻りを掘り返し、昨年周囲に伸びた根(リゾーム)を除去>



ホップ株作り (4)
<株作りで除去したホップの地下茎、これを増殖用に移植しました>



 株作りで除去した地下茎で1畝(8株)増やしました。
これで2~3年後には今の倍の収穫が期待できると思います。



2016.05.09
関連記事

Comment

非公開コメント