つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

三菱自動車の不正で思ったこと

 三菱自動車が25年前から車の燃費で不正を行っていたという事で大問題となっていて連日の報道があります。
私もかつて一度だけ”三菱自動車”の車に乗っていたことがあります。
25年前と言えば、私の乗っていた時期とも重なります。
この時の車は軽ではなく、ディーゼルエンジンのSUV(パジェロ)です。


 私は三菱の車に乗ったのは、この時の1台だけでその後車は何台も乗り換えていますが、以来三菱の車は検討の土俵にも載っていません。
それは一度乗った時のディーラーの対応があまりに酷く、すっかり懲りたからです。(車の品質問題もあり)
言うならば”殿様商売”、客の苦情に全く耳を貸さない、クレームを付けても回答無し。
それは徹底していて、回答は店に直接聞きに行く必要がありました・・・大体は本社からは既に回答が来ていて「次の車検の時に一緒に直す予定でした。」と言っていて呆れて物が言えませんでした。(「知らしむべからず、由らしむべし」・・・隠蔽主義)


 ですから私も今回の件でも、全く驚きません。
会社存亡の危機だとの報道もありますが”自業自得”だと思っています。
45年前から”客先目線でない会社”だと思っていたからです。


 何故45年前かというと、45年前に学校でこの会社の技術部長(?)のひとりが講師であった自動車工学の講座を受講したことがあったからです。(正規の単位取得講座です・・・但し単位が足りない人向けのお助け講座?)
当時は”排ガス規制”が初めてアメリカで法制化された時で、各社技術開発の真っ最中でした。

この講座には”レポート提出”義務がありました。(このレポートが合格しないと単位が貰えない)
レポートの課題は確か、『排ガス規制に対するメーカー及び消費者の義務・・・』だったかな・・・??

 この時の講師の講義内容の主旨は、「排ガス規制をクリアする方法は”触媒方式”しかなく、このコストアップ分(当時エンジン価格より高い白金触媒)は消費者が全額負担すべきである。」
この主旨に沿ったレポートを提出しないと良い点数が貰えなのです。
この考え方に反発した私は、「排ガス規制はメーカー責任でエンジン技術でクリアーすべきであり、消費者に責任転嫁すべきでない」とする主旨のレポートを提出した結果、辛うじて最低点の『可』で単位を頂きました。

 以来私はこの会社は自動車産業に参入した当初から体質的に何ら変わりななく、”客先目線に立っていない”と言う見解(⇒先入観)を持っていました。
後にこの会社の車を購入して、改めてそれを確信した次第です。

 以上”恨み節”でした。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<おまけ>
 さて後年私が購入した車はエンジン本体で技術的に排ガス規制を世界で最初にクリアーした『CVCCエンジン』を搭載した車でした。
自分の主義を貫いたのですが、このエンジンは”食わせ物”で技術的にはまだまだ完成度が低く本当に苦労しました。(・・・ツインキャブの機種を選定という事もありましたが)
その結果、次の車は排ガス規制の無いディーゼルエンジン車に乗り換えたのでした。
2台続けてディーゼルエンジンの車に乗りましたが、その1台が三菱でした。
三菱の車になった理由は当時各社比較した中では三菱のディーゼルエンジンはデーター的に最も優秀だった為です。(・・・この時のデーターも不正?)
この車はブツブツ言いながらも、確か25万km以上乗り続けました。
この会社、技術的には優秀な物を持っていると思いますが・・・残念です!!

2016.04.29
関連記事

Comment

非公開コメント