つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

収穫の春

 春は山菜の季節です。
我が家では畑で山菜採りです。 ・・・これを正に”ズクなし”と言います。
 

 ワラビを収穫しました。

ワラビ収穫 (1)
<ワラビ畑>


 先日畑の一部を掘り返して地下茎を林に植え替えたワラビ畑ですが、残った畑からワラビが出ていました。
畑で栽培を始めて5年目ですが、最初の収穫としてはまずまずの量です。


ワラビ収穫 (2)
<初回収穫のワラビ>



 ワラビを収穫してい横の畑の隅にある”ウド畑”の土の中から少し葉が覗いているのを発見しました。
そこで大慌てで”白化処理”の為、囲いを作りました。

 昨年も囲いを作りましたが、急造したトタン板の囲いは隅に隙間があったりして中の籾殻が漏れたり風で飛ばされたりと十分の効果を発揮できませんでした。
そこでこの時の反省から今回は波板トタンで専用の確りした囲いを作りました。


 6尺の波板トタン(廃材です)を横に4分割して、その3枚をブラインドリベットで円形に繋ぎ合わせたフェンスです。
これをウドの廻りに木の杭で固定して、中にコイン精米の時に集めた籾殻をたっぷりいれました。


ウド白化栽培
<ウドの白化栽培用囲い>


 昨年はフェンスの隙間から籾殻がこぼれて深さを確保するのが難しかったのですが、今年は隙間の無いフェンスが出来たので40~45cmのフェンス一杯の深さを確保しました。
これで40cm以上の”白化ウド”が収穫できると期待しています。

2016.04.25
関連記事

Comment

非公開コメント