つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

小屋の雨対策(第3弾)

 今日は御柱祭3日目、”建御柱”でその他大勢組の氏子の出番はないので、TV中継を録画して置いて急遽作業小屋の雨対策工事を行いました。

 対策を行ったのは、昨年同じ雨対策を実施した作業小屋です。
昨年行った対策は非常に効果があり、毎年冬場の雪や氷の付着で板壁に被害があるのですが、今年は全く問題がありませんでした。
ところが対策していなかった1面(窓が有る1辺)から先日の大雨で水が浸入して内部の農業資材がびしょぬれとなってしまいました。
風雨がかなり強かった様で、窓枠が雨水を吸い込んで変形して、敷居から外れたのが原因でした。(古いので前々から窓枠が少し変形していました)


作業小屋防水対策
<修理前: 昔の棚は簡単な作りですが丈夫で、屋外でも70年以上使用>


作業小屋防水対策 (2)
<土台廻りも”畦板”と”畦シート”で防水対策実施>


作業小屋防水対策 (3)
<修理後: 全体的に柱は既に傾いているので、ポリカ波板も傾けて張ってあります>



 窓のある1面全面をポリカ波板で張ってしまいました。
窓はそのままですから開けても外に波板があって機能しませんが、明り採りには十分です。
しかもこれで防犯対策にもなります。


2016.05,05
関連記事

Comment

非公開コメント