つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ちょっとした修理

 最近ちょっとした修理をしました。
相変わらず”捨てられない病”です。


<その1>
 台所の流しで使っている”水切りコーナー”の修理です。 
大分前ですが、”水切りコーナー”を修理した事を投稿したことがありました。
この時は本体の板金の繋ぎ目が外れ易かったのを改善しました。
今回は”ゴム足”の改良です。

 水切りコーナーに普通にあるゴム足ですが、これが非常に不快な存在でした。
コーナー内に調理クズを暫く(と言っても1日くらいですが)すると、ゴム足の廻りに、透明で粘性のあるゲル状の付着物が付き、これがタワシでこすっても中々取れません。
ヌルヌルしていて非常に不快な存在でした。

 水切りコーナーの中には、ヌルヌルが付着しないという”銅製”の製品もありますが、足だけはゴム製でヌルヌルが付着すると思われるのでこれにも疑問に感じていました。

 その水切りコーナーのゴム足の一つが先日取れました。(軸の腐食です)
このゴム足はこれまでも何とかしたいと思っていた所なのですが、ゴム足が本体にカシメられていて簡単に取れない事もあってそのままになっていました。
取れたゴム足を見ると簡単に改造できる構造であることが分かったので、これを今回改善することにしました。


a-水切りコーナー
<水切りコーナー改善>



 今回此処にSUS製のネジ(トラス頭ネジ)とSUS製ナット2個で足を付けました。
これはヌルヌルが少なく、付いてもタワシ洗浄で簡単に取れて非常に具合よくなりました。

 しかしこの”水切りコーナー”SUS材の絞りで一体成型すれば、強度的にも、衛生的にも更に価格的にも優れた物が出来るはずです。
日本なら技術的に出来るはずだと思いますが、NETで見てもありません。・・・・・・特許物だと思いますが??

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<その2>
 今年も”雨水タンク”の仕様を開始しました。
花や野菜の育苗の時使う水は雨水が一番です。
発芽も早いし、発芽後の生育も速い様な気がします。(・・・気がしているだけかもしれませんが)
最近プランターに散水しようしたところ、”ハス口(如雨露口)”が破損してしまったので修理しました。


 ハス口本体及び穴明き板は金属で出来ていますから、この押え蓋も金属で出来ていれば耐久性で全く問題無い製品だと思います。
何時もの事ながら、製品寿命を考えていない製品設計にはがっかりさせられます。

 ネジ込式の蓋となっていますが、特殊なピッチのネジなので代わりの部材が簡単にありません。
市販の交換部品はあっても多分高価だと思われるので、自分で修理しました。

 この蓋に使えそうなものを捜しまわりました。 ・・・ ありました。


ハス口 (1)
<”わさびふりかけ”の瓶の蓋です>



 ネジピッチは合いませんが径はぴったりで一応ねじ込み固定出来ました。

 それらしく見えませんか?
機能的にはまったく問題ない物が出来上がりました。
色的にはこちらの方が合っている様に見えます。(・・・自己満足!!??)

ハス口 (2)
<ハス口完成>



2016.04.21
関連記事

Comment

非公開コメント