つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

”パワーシャープ”の不具合

 先日ガレージを占領していた”丸太ベンチ”2脚を納品したので、冬場中出来なかったガレージの掃除をようやく始めました。
そうしたら隅に”ネズミの巣”がみつかり除去しました。
同時に前から探していた、”チェンソーでの試し切り丸太”が出てきました。

 このソーチェンの一件はチェンソーを扱う人にとっては安全面で非常に重要なので、大分前の事ですがここであえて投稿しておきます。


『オレゴンパワーシャープ』の不具合です。


 大分前になりますが、製材用チェンソー(スチールMS-260)を購入した時に、それ以前に使っていたチェンソー(スチールMS-200)用としておまけで”オレゴン社製パワーシャープ”と言う自動目立てソーチェーンを貰った件を投稿したことがありました。


 これは頂いた当初は何の問題もなく使えていたのですが、最初の研磨を行なってから大問題が発生して即使用を中止しました。
問題はチェンソーでの切断時、刃が真っ直ぐに入らず切断溝が曲がってしまう為に、ガイドバー(もちろんソーチェーン付きです)が喰いついたまま止まってしまい、外せなくなるという大問題発生です。


 新品で貰って1年間は、比較的細い木(それでもガイドバー幅よりは太い)で薪作り専用で使用していましたが特に問題はありませんでした。
昨年栗林の木(根元直径50cm)を切断するのに使った時、切れ味が悪いのでこの時初めて研磨(自動目立て)しました。
1回研磨後ハシゴを掛けて上部の支幹(直径30cm)の切断をしていたら、喰いついてエンジンストップになりました。
これが全く外れないので、喰いついたチェンソーのハンドルと木をロープで固定しておいてから、小さいチェンソーを持ち出して下から切断してようやく外す事が出来ました。


 この原因を調べるために後日丸太(直径25cm)を試し切りしてみました。
以前この試し切り画像でブログ投稿する予定でしたが、このサンプルが見当たらなくなってしまいそのままになってしまいました。
今回ガレージで見つかったのがその時の”試し切り丸太サンプル”です。


 試し切り結果からこの不具合の原因は自動目立てでソーチェーンの刃の左右が均等に研磨されないために切断溝が曲がる事だと推測しています。
全てのパワーシャープ製品にこの異常があるかは不明ですが、私の場合はただ1回だけの研磨でこの症状が発生しました。
その後続けて3回自動目立てしてみましたが、結果は全て同じでした。
この製品だけが不良品であることを願っていますが・・・??



パワーシャープナー1
<試し切断丸太: この時4回の再研磨をしています。その研磨毎の切断溝です>


a-パワーシャープナー2
<自動目立て砥石: 4回実施した砥石状態>


 この”パワーシャープ”に対する私の結論は”使えない!”ですが、 細い枝であれば問題ないとは思います。
もしパワーシャープを使ってガイドバーの幅より太い木を切断する時は、安全の為十分確認を行って自己責任で使ってください。



2016.04.13
関連記事

Comment

非公開コメント