つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

丸太ベンチ納品

 昨年作った”丸太ベンチ”2脚を納品してきました。

 毎年所属する山岳会で秋の”キノコ狩り”の会場として別荘をお借りしているのですが、その方の別荘に設置する為の丸太ベンチです。
元々は昔私がチェンソーで半割した丸太ベンチを差上げた所です。
ところがただでさえ水に弱い杉の木の半割丸太を何の表面処理もせずに戸外で使うベンチ用に差し上げた物なので、風雨にさらされて腐ってしまっていました。
製造者として少し責任を感じていましたので、今回改良した丸太ベンチを新規製作しました。


 使用した丸太は”檜”です。
ヒノキは水には強いので、本当は白木のままで使いたいところなのですが、処理無しで戸外で使うと直ぐに”カビ”が発生して黒くなってしまうので、今回表面処理をしました。
”焼き板”+”柿渋塗料”です。

a-丸太ベンチ1
 <(上)処理無しの元の状態、(中)焼板、(下)柿渋塗料摺り込み >


a-丸太ベンチ2
<背もたれ付ベンチ:(上)処理無しの元の状態、(下)焼板後柿渋塗料摺り込み >



 使った”柿渋塗料”は昨年自作した”柿渋”です。
事前に効果を確認してみたところ、確り塗料として機能することが分かったので使っています。
3回塗りしましたが、かなり良い表面状態だと思います。(防水効果は未確認)


a-丸太ベンチ完成
<完成した丸太ベンチ: 土台は”艶消し黒ペンキ塗装”です>



 この完成した丸太ベンチを、別荘にお届けしました。



ベンチ設置 (1)
<別荘の庭: 設置後ベランダでお花見してきました>



ベンチ設置 (2)
<甲斐駒ケ岳遠望>



 帰りに地下100mから汲み上げている美味しい井戸水を頂いて来ました。(消毒なしの地下水です)
これで”自ビール”を作ってみたいと思っています。


2016.04.11
関連記事

Comment

非公開コメント