つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

電気柵に代わる画期的な有害鳥獣撃退装置

 前回このブログで私が昨年から使用している”セイデンテクノ(株)殿の電柵電源(ビリッとくん)”のHPの件を投稿したばかりですが、本日の新聞の隅に電気柵技術に関する非常に興味深い記事を見つけてしまいました。

 これはまだ完全に技術確立は出来ていないようですが、これが本当ならこれまでの電柵に取って代わる画期的な有害鳥獣対策になると期待が出来ます。

 以下新聞記事を参考に掲載します。(一足早く既に電柵電源の注文をしてしまった人は、以下の記事は見ない方が宜しいかと思います)




    ~~~~~~~~~~~< 新聞記事抜粋 >~~~~~~~~~~~~~~~



 画期的な『有害鳥獣対策技術』が発見されました!!
この技術は先に死亡事故を起こした”電気柵”に代わる野生動物対策として各方面からの注目が集まっています。
 

 一般的に電気柵用高電圧発生装置への供給電源としては3種類あって、一つは死亡事故を起こした”100V商用電源”、もう一つは乾電池や鉛蓄電池などの”バッテリー”、最後は”ソーラーパネル+充電電池の組み合わせ”です。
今回の画期的な技術は最後の”ソーラーパネル+蓄電池”方式の応用となる技術だそうです。


 と言ってもこの技術は、本当に偶然発見されたものだそうです。
長野県の電気が通っていない山間地の畑で、ソーラーパネル1枚の”独立型ソーラー発電システム”による電気柵を設置していた所、電気柵内は当然の事ですが、そのパネルの廻りほぼ半径100m以内では電気柵が設置されていない場所であっても鳥獣被害が長年皆無であったそうです。
これを不思議に思った農家が役場農政課の職員に相談し、原因調査を大学の研究室に依頼した結果、今回の発見に繋がったそうです。


 ソーラーパネル式電気柵は、昼間パネルで発電した電気をそのまま使うことが出来る為バッテリーが無くても電気柵に高圧電源供給可能なのですが、一番被害が多い夜間はソーラーパネルからの電源供給が出来ないので、昼間にバッテリーに蓄電した電気を使う事になります。
この為夜間にソーラーパネルにバッテリーから電気が逆流して、パネルを破壊しないように、バッテリーとソーラーパネルの間に”ダイオード(半導体整流器)”を入れてパネルへの逆流を防ぐと言うのが一般的です。

 ところが今回の研究で動物被害の無かったソーラーパネルシステムにはこのダイオードが取り付けられていなかったことが分かったそうです。(手違いか、業者の手抜きかは不明?)
この為夜間はパネルにバッテリーからの電圧が掛かっていた結果、パネル表面から微弱な電磁波の放出が行われていたとの事です。
この現象はソーラー発電の逆作用となりますから、本来パネルからは光が出ても良いはずですが、バッテリー(鉛蓄電池)の電圧が12Vと、昼間のパネル発電電圧(通常数十V)より極めて低い為、光ではなくより低い電圧でも発生する電磁波となっていたとのことです。
(注: 光と電波は同じ物だという事は、アインシュタインの理論により昔から知られています)


 この微弱な電磁波は人間には全く感知されませんが、動物は特殊な感知能力を持っているのでこれを嫌がってこの発生源には近づかなかったものと思われます。
従って、この方法を逆手に取って、より強力なソーラーパネル+バッテリーを組み合わせる事で、簡単に野生動物から農作物を守る装置が実現できることになります。

 しかもこの方法はソーラーパネルとバッテリーだけで実現が可能で、現在の電気柵方式では設置が面倒で費用が最も掛かる”柵”そのものの設置が不要となるので、これは画期的な方法と言わざるをえません。
又現在の様に張り巡らされた電柵の為に農村の自然景観を破壊することもありません。
更にこの技術の最大のメリットは、電流を流す為の電線が無い事で先の感電死亡事故の様な悲劇を繰り返し起こす心配が全く無いことです。


電磁波増幅装置  <今回初公開された研究中のソーラーパネルからの電磁波を増幅する装置 (大学研究室提供) >


 この技術は高齢者が多い、過疎地や限界集落の野菜・果樹生産者にとって救世主となる画期的な技術となります。
この為経産省でも先日の記者会見で、先の電柵死亡事故対策の切り札として全国展開させるため、又活動が停滞している”ふるさと創成活動”の一環として、各都道府県にこの装置の普及のための専門機関を設置すると発表しました。
 ただ現行の電気柵を製造販売している”全国電気柵協議会”、及びダイオード製造販売団体である”全日本ダイオード工業会”では、「我々もこの技術を現象面では確認出来ているが、現段階では理論的な裏付けが無く、特に人体に対する安全性の検証が全く出来ていない。」として共同で反対していく意向を表明しています。

 原因解明を進めている大学研究室での最終結論は今年9月頃となるとの事です。
こうした中で早急な結論付が待ち望まれるところです。






~~~~~~~~~~<以上 新聞記事から抜粋 >~~~~~~~~~~~~~~~~~






 さて今日から4月。
そして本日は4月1日、エイプリルフールです。
本年も『虚構新聞』ネタをお届けしました。
お楽しみいただけたでしょうか?



2016.04.01
関連記事

Comment

やられた!

真剣に読んじまった!!!!

No title

やられた、記事?に引き込まれました。。。。

やはり人体への影響ですね。。。。

Re: No title

いらっしゃい!!

 毎年最後まで疑問を抱かずに、読み通していただける方が居るので、中々止められません。
ここ2,3年は4月1日の投稿にはこの手の投稿をしていますので、今回初めての方は『月別アーカイブ』から過去記事もお読みください。

来年も期待してます!

来年、また忘れて 最後まで読みきるんだろうなぁ。
 学習しないやつです。

ありがとうございました。

電気柵の記事

感動しました!電波、光、電磁波に興味を持って来た者です。

No title

永正院さん、いらっしゃい!

 感動させられるほどの大したものでないと思いますが、コメントありがとうございました。
これを励みに次回も頑張りたいと思います。
非公開コメント