つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

農作業開始

 今年もいよいよ本日から農作業を開始しました。
例年の事ですが、まず最初は”ジャガイモの畑作り”です。

農作業開始 (2)
<春の畑全景: 雑草が無いので広々見えます>


 ジャガイモは電柵で囲まれた畑で栽培します。
ジャガイモは猿の大好物で、何も対策をしないと”種イモ”を植え付けた直後でも掘られてしまいます。
ジャガイモを栽培するために”電柵”を設置した様な物なので、電柵は最初から臨戦態勢です。


 まず最初の作業は電柵の改修。
これまでは電柵の入り口が狭く、トラクタが入れられなかったので小型管理機の”こまめ”を使っていたのですが、耕うん深さが浅いのと作業効率改善の為、トラクタを入れられる幅に電柵の入り口を改修しました。

 春一番のトラクターの始動は、ガソリンを抜いておいたのにもかかわらず、相変わらず大変でした。
それでもエンジンが掛かってからは例年以上に順調な作業が出来ました。


農作業開始 (1)
<改修後のトラクタ用電柵入り口>


農作業開始 (3)
<トラクタで耕うん: やはりトラクタは楽、こまめの1/10の作業時間です>



農作業開始 (4)
<ジャガイモ畑完成: 今年も3畝、今年植える品種は現在検討中です>



 諏訪地域では今年は4月の頭に『天下の奇祭』と言われている『御柱祭』があるので、例年なら4月の農作業開始なのですが今年は1週間早めました。
それでも今日の日射しは本当に暑くて、久し振りに大汗を掻きました。


2016.03.29
関連記事

Comment

非公開コメント