つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

花粉症デビューか ??

 少し前から風邪の様な症状で悩んでいます。

 先日の暖かい日に庭のバラの剪定を2時間程行いました。
本当はもう少し早くに行いたかったのですが、日差しが無いと寒くてやる気になりませんでした。
この日は非常に暖かく、外仕事をしていると汗をかく位の陽気でした。

 ところが終わり頃になって、”鼻水”が意に反してしたたり落ちる状態になってしまいました。
片時もティッシュが手放せなくなってしまい、ティシュ1箱が瞬く間に無くなりました。

 次の日には”頭痛”と”喉の痛み”に悩まされました。
多少は良くなりましたが相変わらず鼻水が止まらず、やむを得ずティシュからトイレットペーパーに変更しました。
そして3日目には風邪声になり、倦怠感で半日寝込むことになりました。

 しかし熱がありません、全くの平熱でした。
眼も異常はありませんし、くしゃみもありません。
それでも”風邪”だと思ったので、家にあった市販の風邪薬を飲んだら、症状がすっかり改善されました。
こうなると益々”風邪”だと判断してしまいましたが、どうも可笑しいのです。

 普通に仕事も出来るし、普通に食欲はありますし、晩酌も何時も通りに飲めます。
しかし鼻水もかなり改善されましたが継続中ですし、頭痛と喉の痛みは相変わらずです。
そこで色々調べてみました。

花粉症1
<セルフチェックシート>



a-花粉症4
<診断結果>


 この結果 『くしゃみ・鼻水タイプ花粉症の最重症』 となってしまいました。 
それでもくしゃみは全く無いので、程度は軽いと思っています。(素人判断)
又別のサイトでは花粉症はある日突然発症すると書いてあります。(ダムと同じで、満水(許容量を超えると)になると流れ出す)
これまで杉林に囲まれた環境で生活してきているので、よもや花粉症になるなどとは全く考えたこともありませんでした。

 と云う事で、この件は暫く様子見です。

2016.03.13
関連記事

Comment

非公開コメント