つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

農機具泥棒(その2)

 前に”農機具泥棒”について投稿しました。
先日これからの農作業の準備で畑に行った時、この時の被害者と話しをする機会がありました。
その人は泥棒騒ぎ以降、時々周辺の見回りをしてくれているとの事、その巡回中でした。(警察が何もしてくれないのでと言っていました)
有り難い事です。


 その人の家は直ぐ下の県道脇で、母屋から県道を挟んで、ガレージ(車3台分)を持っています。
そのガレージには扉が無く、道から丸見え状態です。
そのガレージの奥に草刈機が5台置いてあったそうですが、そのうちの新しい物から2台が盗難にあったそうです。
しかもその内の1台(高級品)はチェーンで天井の梁に固定されていた様ですが、このチェーンを切って持って行ったとの事です。

 又周囲で被害に遭ったのは数軒もあり、トラクターを盗まれた家があったそうです。(これは大変です)
しかし道端にあった小型の管理機は盗まれていなかったとの事ですから、盗む基準が何かあるのかもしれません。

 『どうも程度の良い物から盗んでいった様だ!!』

という事ですから、道理で我が家は何も取られなかった訳です。・・・??

その人も 『動物には作物を盗られるは、人間には機械を盗られるは! 良い事は無いもない』、と嘆いていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 さてそんな世智辛い世の中ですが、季節は同じように確実に巡ってきています。
我が家の畑の横の草原(昔の栗林)は今、福寿草が満開です。
栗木を全部切って日当たりが良くなった関係か、一気に福寿草が増えだしました。
夏には草刈機で草を刈るだけの、全く癪に障る草原ですが、春の今だけは嬉しい景色です。

福寿草 (1)


福寿草 (2)

福寿草 (3)


2016.03.09
関連記事

Comment

No title

農機具泥棒は注文を受けて仕事をしていると聞いたことがあります。
明るいうちに下見をしてあり、注文でない物は新品でも手を出さないとのことです。
故買をしている業者がいて、出所を聞かず阿吽の取引をしているのでしょうか。

福寿草を見ていると春になったと幸せな気分になります。
この畑の真ん中でミツバチの羽音を聞いていたいと思います。

ロードカメラを見たら塩尻峠は雪が降っていました。
非公開コメント