つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

タブレット2台目購入(その2)

 ”油差し”さんからご要望がありましたので、引き続きタブレット導入記を掲載することにしました。
今回は基本通りにやらなかったところに最大の敗因がありますので、そのつもりで見てください。(参考にならないか?)


 さて”デュアルブート・タブレット”の設定が終了してから、ほぼ毎日使っていますが、中々優秀なマシンだと思います。
結論は”買って良かった!”です。

 電池寿命は相変わらず短いです。
sleepでほって置くと半日で確実に無くなります。(NETに電池の残り量が5%以下になると、充電してもシステムそのものに不具合が出るので、初期化しないといけないという恐ろしいい書き込みを見ました。・・・??)
sleepではなく、こまめに電源を切る習慣付けをした方が賢明のようです。(立ち上げに時間がかかりますが我慢です)


 さて前の投稿で、『素人は手を出さない方が良い。』と書きましたが、これは初めてPCやタブレットの設定をやる人にとってはその通りだと思いますが、ある程度の経験者にとっては大した問題では無いと思います。


 尚中華タブレットは本来中国語がベースなので、『日本語化』が必要です。
NETで見ると、この日本語化は簡単と書いてありますが、経験がないのとリスクが高そうなので、私は日本語化済の物を購入しました。
Amazonでの購入ですが、ここでも同じタブレットでも数種類あり、中には日本語化されていない物もあるようですからクチコミなどを見て間違えないようにする必要があります。

 従ってここでは既に”日本語化”出来ているタブレット本体購入を前提としています。
又日本語化出来ていても、「購入後最初に初期化すべし!」との書き込みが多くあったりしますが、これを行っていません。(”君子危うきに近寄らず!” です)


 さて今回私が苦労した中に4つの事柄がありました。
 
 最初はWiFiの掴みの弱さ。
 本体フル充電後の最初の作業が、WiFi接続です。
最初は我が家のメインのWiFiルーターとの接続でしたが、これが接続できず悩みました。(これで半日)
電波は”強力”と表示されているのですが、”暗号キー”を入れても”設定できません”と表示が出て、何回やっても同じでした。
最終的には”モバイルルーター”を直ぐ横に置いて接続することで簡単に設定出来ました。
これが一度繋がってしまうと、後はメインのWiFiルーターとも簡単に接続が出来ました。
設定方法にも特に問題は無かったのですが、何が原因なのか分かりません。
ただ今でもメインのWiFiルーターとの接続は安定しない時がありますから、相性問題があるかもしれません。


 二つ目は、タブレットの本体の設定方法。
アカウント設定が沢山あります。
今回は新規購入した、使ったことのない”キーボード”で最初から設定を行ってしまい、大惨事になりました。
最初から内臓の”タッチキーボード”で行えば、まず問題なかったと思います。
このタッチキーボードの操作法は一般的でない可能性はありますが直ぐわかります。(前のASUSタブレットとは大分違います)
多少時間が掛かる事を我慢すれば、良くわからない(物理)キーボードを使うより絶対安全確実です。


 三つ目は(物理)キーボード自体の問題。
 キーボードを最初から設定に使ってしまったのが今回最大のミスでしたが、最後にキーボードの設定を行えば実用ではこれほど便利なものはありません。
アプリを含め全ての設定を終えてからキーボードの設定をすれば、キーボードに多少問題があっても影響は無いハズです。
今回安い”US仕様キーボード”を購入しましたが、キーに刻印されている文字と実際の入力文字に違いがありました。
これはキーボードに問題があるのか、システムで設定するキーボード種類との組み合わせに起因するのか良くわかりません。
そこで本体でのキーボード設定が終了したら、何か入力できるアプリを開いて、全てのキーで入力を行って実際に入力された文字と比較検証することが必要です。
これはAndroid側とWindows側の両方のOSで行う必要があります。
今回3つのキーで入力間違いがありました。(これは私が購入したキーボードだけの可能性もあります)
しかしタブレットの操作で、キーボードが有ると無いとでは入力スピードに雲泥の差がありますので必須だと思います。



 四つ目はメールアプリ(メーラー)の問題です。
 添付(内臓)されているメールアプリでアカウント追加ができません。(android,Windows共)
私はこのタブレットの両方のOSにそれぞれ同じ3種類のメールアドレスを追加したかったのですが、1つしか入らないもの、2つしか入らないものと様々でした。
設定値は、各メールアドレス管理者から届いたシートを見ながら行っているので間違いは無いハズ。(PCや前のタブレットも同じ物を使って設定しましたので間違いはありません)
添付アプリの出来の問題ではないかと思われます・・・??
最終的に同梱メーラーではなく、ストアから無料のメーラーを複数選んで使っています。(これにも問題のあるメーラーがありますからいちいち試用して確認が必要です)


 もし”デュアルブート・タブレット”に興味があり、又多少の不具合にも動じない気持ちが有れば使ってみる価値は十分あると思います。
完成してしまえばこれほど廉くて、便利なタブレットはありません。

 以上多少参考になりますか? 
尚これからも不具合が出てくる可能性は沢山(?)あると思いますので、その時は出来るだけ投稿していきたいと思っています。

2016.03.07
関連記事

Comment

No title

『(その2)』をありがとうございます。

最近のPCは自動設定してくれて便利ですが、トラブルになるとお手上げです。
「初期設定はタッチ・インターフェースから」はしっかり心にとめました。
MS-DOS、Windows3.1は簡単に直せたのですが…。と言っても、初めてのフロッピー・ドライブでディスクを認識できず、マニュアルを最後まで読んで2回目に、最後のページでフォーマットの項目を見つけるような藤四郎ですが。

No title

 ”フロッピーディスク”懐かしいですね。
当時は500KBとか1MB程度の記憶容量でした。
今このタブレット用に64GBのSDカードを手配しています。
まだ10数年前の事ですが、隔世の感がありますね。
非公開コメント