つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

『電柵電源』がHPに掲載されていました

 ”セイデンテクノ(株)”殿のHPを見たら、電柵電源『ビリッとくん』が掲載されていました。


a-ビリッとくん HP  <ビリッとくんHP>


 久し振りにこのHPを覗いてみました。(半年振りくらいでしょうか?)
この”電柵電源”のHP掲載に関しては、昨年営業担当の方から「近々載せます」との回答を頂いたので、時々様子を見ていたのですが、いくらたっても載らないのでアクセスするのを止めてしまいました。 (ただ今回見たら、HPの最下層にあったので、たどり着けなかった可能性もあります)

 私もここで今年の農作業の準備を開始しましたが、今年は更に電柵の設置面積を拡大して安心して野菜栽培をしたいと計画しています。
自作の電柵電源も健在なのですが、世の中の”自作電源”への風当たりが一層強そうなので(?)どうするか検討していました。
そこで久し振りにHPを覗いて見た次第です。


 昨年このブログで”セイデンテクノ殿”の電柵電源の使用結果を載せたところ、”メールフォーム”経由で複数の方から問い合わせを頂きました。
その時は「近いうちにHPに掲載されるそうですから、アクセスしてみて下さい。」と連絡したままになっていて、一向に掲載されないのでいくらか責任を感じていました。(・・・?? それは無いか)

 ようやく掲載されましたので、もしまだ辛抱強くお待ちの気の永い方が居ましたら、アクセスしてみてください。


 HPを開いても何の案内も無いので、分からない時はここをクリックして下さい



 それでも前には販売価格は¥15,000/台の予定と聞いていましたし、1万円以上は送料無料のようですからこの価格なら結構努力の結果ではないでしょうか。

 それにしてもHPにはこの装置の仕様の記載が全くありません。
世の中にこの手の装置を購入するに当たって、仕様も確かめずに購入する人が居るかどうかは甚だ疑問です。
相変わらず”商売っ気”が無い会社ですね!!


2016.03.31
関連記事

Comment

非公開コメント