つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

タブレット2台目購入

 自分用のタブレットを購入しました。
”Windows10”です。

 最初のタブレットの購入は2年前で、”奥さん専用”と云うことでした。
これは”建前”で、少し使えば直ぐに飽きて、”その後は私の物”と云うのが狙い目でした。

 ところがところが、狙いは見事に外れ、現在は名実共に奥さん専用となってしまっています。
ですから私が使えるのは「鬼の居ぬ間」だけです。

 タブレットを使うとその機動力には脱帽物です。
NET検索やメール確認に限定すれば、PCの出る幕は有りません。
そこで今年になってから”自分用タブレット”購入を検討していました。
e-taxでの確定申告が終了するまでPCのWindows10への乗換実施を見合わせていましたが、還付金が例年並みに戻ることが分かったので、PCより先行して”Windows10タブレット”を購入してしまいました。


a-デュアルブート
<購入したタブレット一式、Hi8(CHUWI製)、文字入力改善の為キーボード付きです: (左)Android4.4、(右)Windows10 >


 これまでのタブレットのOSは”Android”でしたが、”Windows”にも魅力を感じていました。
そこで今回購入したのが、”デュアルブート”と云う、”Windows”と”Andoroid”の2種類のOSが1台に入っているものです。
 但し通称”中華タブレット”と呼ばれている、極めて評判の悪い中国製品です。
このデュアルブートと云う特殊仕様は大手メーカーではまず製造されていないので、中国メーカー製しか選択肢がありません。(今はまだゲテモノ扱いですが、中国メーカ製には沢山あります)
その中でも、NET検索して一番評価が高かったこの機種を選定しました。
決して”問題無し”と云う事ではありません、逆に問題は色々あるようです。(購入して失敗だったと云う書き込みも沢山ありました)
そんな中でも比較的使用後の満足度が高い物を選定したつもりです。

仕様面では十分とは言えないのですが、最終的には値段で決めました。(”おもちゃ”感覚です)

 全て含めて¥15,000也。(本体、キーボード付きケース・・・合計金額でも前に買ったタブレットより安いです)

 この価格でこれだけの機能を持っているタブレットは中華製以外にはありません。(・・・中華恐ろし!!)
”安物買いの、銭失い”とならないかの心配は大いにあります。


 購入してから早速”大チョンボ”をしてしまいました。
 少し欲を出して、このタブレットから新規”googleアカウント”を取得しようとしたのが原因です。
同時に購入した慣れない”US仕様キーボード”で言語設定を間違えたようで、Googleアカウントで登録したパスワードがどうしても一致しません。(登録したパスワードの入力文字が自分でも正確に分からないのです・・・後の祭りです、バカですね)
従ってAndroidOSでのアプリがインストールが出来ません。
アプリが使えないとこのタブレットは全く価値無しです。(タダの箱(板?)・・・WindowsOSはおまけなので)
色々方法はあるようですが、時間が掛かりそうなので、古い”Googleアカウント”で再構築して使う事にしました。(泣)

 それとこのタブレットに入ってきた取説は中国語と英文1枚で、簡単な日本語訳コピーが付いてきただけです。
HPに解説書が有るのですが、これは見てもほとんど役に立ちません。
タブレットを使うのが初めての人はこれでは全くのお手上げだと思います。

 おまけに追い打ちをかける様にこんな”注意文(警告文)”が同梱されていました。


a-注意文
<警告文: ハサミの手作業で切り分けた様な雑な切断状態です・・・こんな文書を付けて責任回避出来ていると考えているとしたら脅威ではないですが?>


 設定に苦労しました。
苦労は覚悟での購入でしたが、思いの外苦戦して焦りました。
まだまだ不明点が多々あるのですが何とか両OSでの操作が一応出来るようになりました。
この初期設定だけに丸2日間も掛かってしまいました。
しかし実際に活用出来るようになるにはまだまだ設定が必要となります。

 そんな訳で使用結果は後日報告とします。

 ただ現時点で言えるのは、「素人は手を出さない方が良い!!」という事です。(・・・私の事です)


2016.03.03
関連記事

Comment

No title

$100PCというプロジェクトでも$200くらいなので、凄い!
データーを入れて辞書の替わりに使っている方がいて欲しいと思っていたのですが。
藤四郎なので飛びつけないでいます。
ズクだせさんの貴重な体験談をお聞きしてからにしようと思います。
ぜひ、続きをお願いします。

No title

 こんにちは
 この件は今回限りのつもりでした。
今回私のやり方が変則であって、基本通りにやれば大した苦労は無いと思います。(・・・?)
今は一応使えるようになりましたが、おもちゃとは言えない中々面白いタブレットです。

続編として書く事が有るかどうか検討してみます。
非公開コメント