つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

デジイチを無線LAN接続

 1カ月程前にパソコンのOS(Win10)の自動アップグレードがありました。
その時は更新までに結構な時間が掛かりました。(約1.5時間+2回程再起動あり)
この更新後、PCの異常が沢山発生しました。

  ・WordやExcelの文字列のコピーが出来ない(コピー範囲の確定が出来ない)
  ・PDFファイルの印刷が出来ない(「印刷するページが選択されていません」となる)
  ・ポインターが知らない間に移動していて、とんでもない処に入力してしまう(どこに入力したか分からない事もある)

 この問題はまだ完全に解決していません。(・・・注意しながら根気よくやっています)
しかしこの状態では”NETバンキング”での使用に不安があります。
これ以外にも不具合はあるのかもしれませんが、まだ分かりません。
以前はどの機能もまったく正常で、アップグレード直後から症状が出ているので、今回のアップグレードのバグであることは間違いありません。
・・・困った物です(怒)

 ***********************

 さて別件ですが、そんなまだまだ完成度の低いPC(OS?)ですが、一方でPCの進歩にはすごい物がありました。
デジカメです。
しかし悲しい哉、先に購入したデジイチも暫く使わなかった間に、前に学習したはずの機能の操作を忘れてしまい、再度勉強しています。
全く”学習効果”がありません。(人間の進歩には限界があります・・・トホホ)

 
 そんな中で最近デジイチが無線LAN接続できるようになりました。
自宅の無線LANでも、モバイルルーター経由でも接続が可能となりました。


 前にも書きましたが、PCからUSBケーブル接続でカメラ操作できるソフトが有り使い出しました。
世の中には5m近いUSBケーブルがあるようなので購入も検討しましたが、線があると面倒なのと危険なのです。
 先日の花火撮影でも当初このUSB接続で行う予定でしたが、親戚の人と一緒の花火見物で、世の中にはどこにでも慌て者が居るもので、我が家の親族だけは大丈夫とはとても言えません。
真っ暗な中でケーブルを引掛けて三脚ごと倒してカメラやPCを壊す危険性が高いのは明白なのでレリーズ撮影としました。(慌て者は自分も含めてです・・・今回自分が三脚の脚を蹴飛ばして倒れそうになりました)


 その後もっと便利な方法はないかと探していたところ、PCでの”リモートコントロール機能”を学習している折りに、このカメラは無線LANで操作できる事が分かりました。
取説にはスマホで操作するとだけ書いてありましたが、PCでも、タブレットでも使えました。(無線LANなので当然か)
しかしこの機能を使える様にするのに四苦八苦しました。

 その顛末です。

 早速必要ソフトをメーカーサイトからカメラにインストールしようとしましたが、これが出来ません。
”本体ソフトのVer”が古過ぎるのです。(購入した本体には販売当初の一番古いVerが入っていました・・・発売後何年も経っているのに?)
この本体ソフトのVerUpに半日掛かりました。(・・・やり方を理解するだけで時間が掛かりました)
メーカサイトからのアカウント取得、カメラ本体でのID、パスワード入力、PCやタブレットの設定等、これはPC購入時の初期設定以上の労力が必要でした。
カメラの取説には全く記述がありませんし、NETでも一貫した説明書もありません。
これらの設定は、多少PCに慣れてる程度では難しいと思います。(私のことです)
ましてや普段PCをほとんど操作しない人には無理ではないでしょうか。
この点でこの商品の完成度は極めて低いと思います。


 アクセスポイントの接続をカメラ側で行うのですが、これが又大変でした。
カメラの小さなモニター画面とキー入力方法が特殊なのです。(・・・入力形式をスマホ、タブレット等と同じ方式にしてもらいたい)
自動で設定出来る方法もHPに記載があったのですが、結局これが出来なかったので手入力してようやく完成しました。
ここでもこのカメラの完成度は低いように思います。(特許の壁か?)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■スマートリモコン

 カメラ側とタブレット側にそれぞれ『スマートリモコン』という、シャッター機能のあるソフトをインストールしました。
この時、カメラ側にこのソフトをインストールするのに、ここでも本体のVERが古いくてインストール出来ないので苦労しました。

<このソフトの機能>
 ・シャッター機能(インターバル撮影は不可)
 ・カメラ側での設定で”バルブ撮影”可能
 ・ズーム機能
 ・画像モニター機能(カメラで写っている画像がタブレットで見える・・・この機能秀逸です)
 ・撮影済画像表示機能


<ここをクリックすると”スマートリモコン”説明サイトへ移動します>


■TimeLapse
 
 タブレット(Android)のソフトの一つに、『TimeLapse』と云う、インターバル撮影機能のあるフリーソフトを見つけたので使ってみました。

<このソフトの機能>
・無線LAN接続で撮影できる
・インターバル撮影機能(撮影間隔、撮影枚数、撮影時間の設定が可能)
・モニター機能(カメラの画像が表示できる)
・但シャッターボタンがないので、随時シャッターを切ることが出来ません。
 又バルブ撮影も出来ない(?)ようです


<ここをクリックすると”TimeLapse”の説明サイトへ移動>


 又このソフト単独ではカメラとの接続が出来ず、別ソフトでカメラとタブレットを無線LAN接続しておいてから立ち上げる必要があります。(もっと簡単な方法が有るのかもしれませんが、ヘルプも無いのでよく分かりません)


 ここまで苦労してカメラをPCやタブレットでリモート制御できるようになったのですが、恐らく暫く使わないと学習効果が無くなって使い方が分からなくなってしまうのではないかと今から心配です。(・・・その可能性は確実に高い!!)

2016.12.01
関連記事

Comment

非公開コメント