つれづれ物語
本年も宜しくお願いします

エーデルワイス冬 (3)

 この厳冬期にも関わらず、我が家の庭の雪の中で、スイス土産の『エーデルワイス』が咲いています。
この花はスイスでも今ではめったに見られなくなった野生種に極めて近いということです。
流石野生種です。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
CAD (2)
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
アクセスカウンター
プロフィール

zukudase1

Author:zukudase1
ようこそ!
ズク”とは長野県の人が好んで使う方言です。
・『ズクがある』・・・人があきれるくらいの極め付きの努力をする人へのほめ言葉。
・『小ズクがある』・・・世間一般的な努力家の事。
・『ズクなし』・・・努力しない人、怠け者(極普通の人の意) 
☆『ズク出せ!』・・・怠け者への叱咤激励の言葉。

 この言葉のニュアンスは『信州人』でなければ理解が難しいかもしれません。

 私も本来『ズクなし』ではありますが、セカンドライフのスタートに当たり、『ズク出せ!』と自分を鼓舞して頑張って行きたいと思っています。

メールフォーム

お名前(ニックネーム):
メールアドレス:
件名:
本文:

リンク

ネズミ被害

 ガレージに置いておいたヤーコンがネズミにやられました。
毎年冬場、ガレージにヤーコンを凍らないように保温して保管しているのですが、これまで被害は無かったのに今年始めてネズミ被害に遭いました。


ネズミ被害 (1)
<収穫コンテナにネズミが明けた穴>


ネズミ被害 (2)
<穴だらけになったヤーコンを入れていた土嚢袋>


 昨年末からPL製ドラム缶の堆肥製造機がネズミに齧られたり、ガレージ内の籾殻の袋が齧られたりするネズミ被害があったので心配していましたが、それでもヤーコンだけはこれまでも一度も齧られた事がなかったので、余り対策を講じていませんでした。

 ところが、久し振りに”凍みヤーコン”を作ろうとガレージに行ってみたら、見事に食べられていました。
PL製の収穫コンテナに入れて、上に空のコンテナを蓋代わりに置き更に布団や毛布を掛けて保温してありました。
全く対策をしていなかったのではなく、ネズミが入りそうな穴がある取っ手部分は木の板を入れて塞いでありました。
ところがコンテナの側面を食い破って侵入していました。

 それと、同時に籾殻を貯蔵していたダンボール箱の上の部分に穴が明いていました。
籾殻に交じっていた屑米を食べたのだと思います。

 これまで毎年やっていたのと同じ事をしていたのですが、今年始めての被害です。
同じことをやっていてはダメだと言う教訓です。(ネズミも学習するのでしょうか?)
来年は新たな対策を考えたいと思います。


2016.02.23
関連記事

Comment

非公開コメント